顎ニキビは男のほうがひどくなりやすい?原因と対策

顎ニキビができると男の人の場合は髭剃りをするとニキビが潰れてしまったり、雑菌がついて悪化してしまったり、大量にできてひどい状態になってしまうこともありますね。

ニキビは、皮脂分泌が過剰になるとできやすくなりますが、男性の場合、女性と比べて元から男性ホルモンが多いのは当然です。

顎のニキビも当然ながら男性ホルモンによって皮脂が過剰になればニキビができる原因になります。

しかし、女性と違って生理前にホルモンバランスが崩れるといったことがないので、思春期ニキビは別として大人になると、通常の男性ホルモンの量でニキビができやすいという事は無くなってきます。

それでは、男の人の顎ニキビの原因はどんなものなのでしょうか。また、どのような対策をしていけば良いのでしょうか。

顎ニキビになる男の人は髭剃りが原因かも

元々、顎には皮脂腺が沢山あつまり、皮脂の分泌が多い部位ではありますが、男の人はヒゲが生えるので毛穴が開いた状態になります。そういう意味では、皮脂が過剰に分泌された場合、かえって女性のほうが顎ニキビになりやすいと言えます。

しかし、実際には皮脂の分泌だけが男の人の顎ニキビの原因ではなく、多くの場合が髭剃りによる皮膚への負担や雑菌、乾燥も重なって、ニキビができやすく、また治りにくくなります。

ニキビができた状態で髭剃りをすれば、ニキビが潰れてしまうでしょうし、かといって髭を剃らずにいられない職場環境の人も多いでしょう。

髭剃りがある分、顎ニキビは男性のほうが治りづらく、ひどくなりやすいと言えるほど、髭剃りの影響は大きいです。

髭剃りと同時に角質層を傷つけている

男の人が髭を剃る時は、どうしても髭と同時に肌の角質層を傷つけてしまいがちになります。

角質層は水分を保持して外からの刺激から肌を守るために大事な働きをするバリア機能を持っていますが、傷ついてしまうと水分が保持できず、肌のバリア機能は低下します。

バリア機能が正常に果たせない肌は水分が保持できず、皮膚は固くなり毛穴が細くなってしまいますので、毛穴が詰まりやすくなります。また、ターンオーバーが乱れることで、古い角質が剥がれ落ちずにとどまってしまうことでも、毛穴を詰まらせる原因になります。

結果として、アクネ菌が繁殖しニキビができやすくなり、雑菌や紫外線などの外部からの影響も受けやすくなっているため、治りづらい状態になってしまいます。

ストレスも男性の顎ニキビができる主要な原因

もちろん、髭剃りが主要な原因でない場合もあります。その主要な原因は、ストレスからくる皮脂の過剰分泌です。

ストレスを感じると、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化します。

このジヒドロテストステロンは、皮脂腺の働きを活発にし、結果、皮脂の分泌が増加します。

そもそも顎は、男性ホルモンの影響を受けやすい場所でもあるため、顎にニキビができやすくなります。

ニキビができてしまった時の髭剃りはこうする

顎にニキビができてしまった時も、男の人は会社などで許されている場合でなけらば髭を生やすのも難しいでしょう。

会社で許される職種の場合も、キレイに生やしていれば問題なくても、無精髭はだらしない印象になりますし、髭から皮脂や雑菌が付着して悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

顎ニキビができてしまった時は、ニキビの周囲のみ、なんとか避ける方法が1つ。その場合長く生えてしまている髭は消毒したハサミでカットしましょう。

もう1つは、肌に負担の少ないタイプの電気シェーバーを使用することです。

最近のものでは、肌に負担が少なくなるよう、先に当たる刃が髭を引き上げ、次の刃がカットしてくれるものがあります。

口コミなどでも、「ニキビが潰れずに髭がそれた」という意見があるシェーバーもありますので、良く顎にニキビができてしまう男性は、シェーバーを替えることも検討してみると良いでしょう。

参考までに肌に優しいタイプの電気シェーバーを掲載しておきます。(写真クリックで商品ページにリンクしてあります)
顎ニキビを作らない髭剃りを

髭剃りは毎日するものですから、1回ごとの肌への負担は少ないに越したことはありません。

肌に負担をできるだけ掛けずに髭剃りをするには、下記の5点が大切です。

  • 刃の切れ味を良いまま保つ
  • 髭剃り前に髭をしっかりと蒸らす
  • ビフォアローションなどで肌を守る
  • 髭剃り後はアフターローションなどでケアする
  • 髭剃りは常に清潔に保つ

髭剃りは切れ味が悪い状態のまま使用すると、なかなか髭が剃れず髭剃りに時間が掛かります。またカットしきれない髭を引っ張り、そのことでも皮膚を傷めてしまいます。

T字の髭剃りであれば、2週間に一回、電気シェーバーも、内刃、外刃とありますがメーカーが推奨する長さよりできれば早目に交換するようにしたいところです。

また、刃の切れ味が悪くならないよう、お手入れもしっかりとするようにしましょう。

アフターローションは、肌の乾燥が気になる場合や、ヒリヒリ痛いような傷のつき方をしてしまっている場合は、クリームでバリア機能を補助するようにしましょう。ローションタイプは肌のバリア機能が弱い状態だと浸透しすぎて逆に肌に負担をかけることもあるので注意してください。

毛嚢炎(毛包炎)の場合もあります

最後に、ニキビではなく毛嚢炎(毛包炎)だったというケースがあります。

見た目はニキビに似ていますが、ぶつぶつとした吹き出物で、ニキビがアクネ菌が原因菌であるのに対して、黄色ブドウ球菌という雑菌が原因でできる皮膚炎です。

特に、カミソリ負けして傷がついた部位にできることも多いです。だいたいの場合は、ニキビより早く治ることが多いのですが、周囲が赤く腫れてしまっている場合などは、跡にもなりやすいので、皮膚科に行って薬を処方してもらったり、ステロイド軟膏を使用する必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする