黒ニキビの治し方~潰して芯を取るならコメドプッシャーで

黒ニキビ

黒ニキビができてしまうと、数は少なくても黒く目立ってしまい、不潔な印象を持たれそうで不快なものです。黒ニキビを潰して芯を出して、早く治してしまいたいと思う人も多いでしょうが、適切な治し方とはどんなものなのでしょうか。

このページでは、黒ニキビのできる原因と、正しい治し方を解説しています。黒ニキビの芯を出す方法についても解説していますので、参考にしてください。

黒ニキビは毛穴の角栓が酸化してできる

黒ニキビでも、どんなニキビでも、「毛穴に皮脂や角質などが詰まってしまった状態」ということには変わりがありません。

では、なぜ白でも赤でもなく黒くなってしまうのでしょう。

皮脂や角質が詰まってニキビができますが、この際、毛穴に詰まった皮脂や角質が毛穴を広げ、解放された状態になることがあります。毛穴が解放されている状態で、皮脂や角質が混ざったコメドが肌表面に出てしまっていると、空気により酸化して黒ずんでしまいます。

この黒ずみができた状態が「黒ニキビ」です。一般的に言われるいちご鼻も、この黒ニキビです。

黒ニキビの原因は大きく分けて2つ

それでは、なんで黒ニキビができてしまうのかを解説していきます。黒ニキビは大きく分けて下記の2つの原因でできます。

  • 皮脂分泌量の増加
  • 肌のターンオーバーの乱れ

ひとつずつ説明していきます。

皮脂分泌量の増加

どんなニキビでもそうですが、皮脂の分泌が増えればニキビはできやすくなります。皮脂の分泌量が増えるだけなら、「黒ニキビではなく白ニキビもできるんじゃない?」という疑問は正しいのですが、その他の原因と相まって、黒ニキビになってしまうことがあるので、他のニキビ同様に皮脂が関係していることも多いです。

皮脂の分泌が増加するのには、下記が原因になっていることが多いです。

  • 遺伝を含めた体質
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食習慣の乱れ
  • 生活習慣の乱れ

上記の4つの原因のうち、遺伝や体質は、本質的なケアで予防、改善していくことが特に大切です。

ホルモンバランスの乱れは、睡眠不足やストレス、思春期の成長ホルモンの関係、生理周期のホルモンバランスの変化の影響など、様々な理由で起こります。

食生活の乱れも生活習慣の乱れは、ホルモンバランスの乱れの原因にもなり得ますが、直接的に皮脂を増加させる原因にもなります。特にファストフードや揚げ物などの脂っこい食事や、糖質は皮脂を過剰分泌させる原因と言われています。

また、生活習慣の乱れは、主に睡眠不足や内外に要因があるストレスが、皮脂の分泌を促す為、間接的に原因になります。睡眠不足やストレスは自律神経の働きを乱し、ホルモンバランスを乱す原因になります。

肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーが乱れると、古くなった角質が剥がれ落ちずに肌表面に溜まってしまったり、反対に剥がれ落ちるまでの時間が短くなったりします。

肌表面に溜まってしまった角質は毛穴に詰まりやすく、ニキビの原因になります。反対に早く剥がれてしまうと肌のバリア機能が低下し、肌の乾燥を招きます。

十分な水分が保持できずに乾燥してしまった肌は、毛穴が細くなり、角質が硬くなってしまう為、これもまた毛穴が詰まりやすい状態になってしまいます。

肌のターンオーバーが乱れるには、過度な洗顔や保湿ケア不足、睡眠不足やストレス、ビタミン不足など、様々な原因がありますが、下記の4点を注意して改善していくことで、正常にしていくことが大切です。

  • 質の高い睡眠
  • ストレスを溜めない
  • バランスの良い食事
  • 正しい洗顔と保湿重視のスキンケア

黒ニキビは潰して芯を出して良い?

黒ニキビは、「潰しても良い」ということは良く聞くかも知れません。良いか悪いかで言えば「潰しても良い」というのが答えです。

白ニキビと同様に黒ニキビは炎症が起こっていない状態ですので、潰してしまったほうが早く治る場合が多く、皮膚科でもコメドプッシャーという機器を使って押し出すことがあります。

なので、自分でコメドプッシャーを使用して潰すこと自体は、黒ニキビを治すのには良いことです。ただし、正しい方法で行わないと、かえって炎症を起こす原因になってしまったり、周囲の正常な肌を傷つけてしまうことに繋がってしまうことになります。

つまり、自宅で黒ニキビを潰して芯を出すことは可能ですが、リスクがあるということです。その上で、自分で潰したい人は下記のような専用のコメドプッシャーを使用するようにしましょう。

コメドプッシャーで黒ニキビを潰す方法

  • コメドプッシャーをアルコールなどで消毒する
  • 輪の中心にコメドが来るようにする
  • 優しく押して芯を出す
  • ピンセットで芯を取る
  • 雑菌が入らないようにケアする

まず初めにコメドプッシャーと、ピンセットは消毒しておきましょう。熱湯でも消毒できますが、便利なのでアルコールが入った消毒綿を用意することをおすすめします。

輪で囲むように中心にニキビが来るように、コメドプッシャーを押し当てます。その後は優しく少しずつ押していきます。すると、ニキビの芯がでてきますので、ピンセットを使って取りましょう。

最後に雑菌が入らないようにケアします。ケアは、洗い流して化粧水で肌を整えます。炎症を防ぐ効果のあるニキビ用のスキンケア用品や、医薬品の軟こうなどを使用するのも良いですが、血が出る場合など傷口の度合いによっては、傷が治りづらくなりますので、状態に合わせて検討しましょう。

ニキビの芯を出す際の注意点

雑菌が入り炎症を起こす原因になってしまうので、ニキビを潰す際は手でニキビに触れないように気を付けてください。また、力をかけすぎて、ニキビの周りの皮膚に刺激を与えすぎないように気を付けましょう。

潰して良いのは、炎症を起こしていない、白ニキビと黒ニキビだけです。炎症を起こしたニキビを下手に潰すと、悪化してニキビ跡の原因になってしまう場合がありますので、注意してください。

また、黒ニキビや白ニキビも、潰すことにリスクがないわけではありませんので、自己責任の元で行うようにしてください。心配な場合はニキビを潰さないケアをするか、皮膚科の受診をおすすめします。

黒ニキビの正しい治し方

皮脂や角栓などが毛穴に詰まりすぎて、毛穴が開いた状態になっています。赤ニキビのように炎症を起こしているわけではないので、炎症を抑える薬は使用する必要がありません。

ただ、放っておくと雑菌が入り、アクネ菌が繁殖すれば炎症が起こり赤ニキビになってしまうこともありますので、炎症が起こらないように対処していく必要があります。

黒ニキビの治し方で、外からのケアは下記の2点になります。

  • 外用薬
  • 正しい洗顔
  • スキンケア

外用薬

皮膚科では、外用薬としてディフェリンゲルなどが処方されます。ディフェリンゲルは一般名でアダパレンとも言われ、2008年に保険認可されて以来、ニキビ治療の第一選択薬になった効果の高い薬です。毛穴の詰まりを解消してくれる薬なので、ニキビの予防にも効果的です。

しかし、市販はされていませんので、皮膚科で処方してもらう必要があります。

正しい洗顔

肌を清潔に保ち、黒ニキビが炎症を起こして悪化しないようにすることが大切です。その為には正しい洗顔を行うことが大切になってきます。

毛穴が黒ずんで見える黒ニキビでは、ついつい力を入れてゴシゴシ擦ってしまいがちですが、他のニキビの場合と同様に泡で優しく洗うようにしてください。

正しい洗顔方法については下記のページを参考にしてください。

スキンケア

肌のターンオーバーを促すことで、正常にすることも、黒ニキビを治す上で大切なことです。

特に乾燥には注意して、保湿ケアをしっかり行うようにしましょう。一見、乾燥しているように見えなくても、肌の内部では乾燥が進んでいる場合もあります。乾燥が続いていくと、皮脂が過剰に分泌されてしまう原因になってしまいますので、日頃からの保湿が大切です。

保湿については、下記のページを参考にしてください。

また、黒ニキビが悪化してし炎症を起こさないようにする為に、グリチルリチン酸ジカリウムのような抗炎症作用のあるニキビケア化粧品(医薬部外品)を使用することをおすすめします。

また、殺菌防腐作用、角質溶解作用などがあるサリチル酸は使用のニキビケア化粧品もおすすめです。ただし、一般的にマイルドピーリングと呼ばれるもので、敏感肌の人は慎重に使用する必要があります。

黒ニキビにおすすめのニキビケア化粧品は?

ここでは、黒ニキビにおすすめのニキビケア化粧品を紹介していきます。

黒ニキビのケアでは、前述してきた成分が入っている化粧品・医薬部外品を選ぶようにすることをおすすめします。

プロアクティブ+

proactiv

『プロアクティブ+』は、洗顔、美容液、クリームの3ステップのニキビケア化粧品ですが、その全てに有効成分のサリチル酸が配合されているのが大きな特徴です。

サリチル酸は殺菌防腐作用、角質溶解作用があります。ニキビの悪化の原因になる殺菌の繁殖を防いで、角質を柔らかくしてくれ、角栓を溶かしてくれる成分です。

また、乾燥を防ぐため、天然由来の植物成分をバランスよく配合し、乾燥肌の人や敏感肌の人でも安心して使うことができます。

ただし、敏感肌・乾燥肌の人は保湿力が足りないと感じることもありますので、ニキビのできている部分を中心に使うなど、お肌の状態に合わせて使用するようにすることをおすすめします。

公式サイトで購入すると7.900円ですが、下記の特設ページからは4900円(送料600円で実質5500円)で購入できます。

角質ケアができるディープクレンジングブラシと、お肌のほてりを抑えてくれるスキンクーリングセラムの2点が特典でついてきてお得なので、購入する場合は、公式サイトではなく、下記の特設サイトからにしましょう。

ただし、定期お届けプランに自動登録になるので、定期購入したくない場合は、お問い合わせ窓口(0120-010-567)まで連絡して解除することが必要です。

特設サイトはこちら

ビーグレン(b.glen) ニキビケアプログラム

ビーグレンニキビトライアル『b.glen(ビーグレン)』は、独自の浸透技術「QuSome®」で肌の角層内部まで届き、悩みの元にアプローチしてくれます。

クレイウォッシュの泥の主成分「モンモリロナイト」は、毛穴の直径の約2,000分の1の大きさ。そのため、するすると毛穴の中に入り込み、汚れを取り除いてくれます。

お肌への負担も少なくて済むのが嬉しいですね。黒ずみや汚れがすっきり取れるので、毛穴の黒ずみで悩んでいる人にもおすすめです。

送料無料・代引き手数料も無料で、1800円で7日分のトライアルセットが試せます。

公式サイトはこちら

オルビスクリアシリーズ

オルビスクリアシリーズ

『オルビスクリアシリーズ』は、「肌のバリア機能を高めること」をコンセプトに作られている化粧品ですが、ニキビに有効な成分グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)がニキビの炎症を抑え、黒ニキビから赤ニキビに進んでしまうのを予防してくれます。

保湿成分は浸透性コラーゲン、ヨクイニンエキスを配合していて、ベタつかずに高い保湿力があるのが特徴です。

お肌のバリア機能をアップして、生理前の周期ニキビや肌荒れのできにくい強い肌へ導いてくれる紫根エキス(シコニン)も配合されています。

トライアルセット「クリアミニセット」は3週間分の3ステップのセットで、安価に長期間試すことが可能です。

公式サイトはこちら

生活習慣・食習慣の改善もしていきましょう

黒ニキビのできる原因になる、皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れを改善していくには、日ごろの生活習慣、食習慣の改善が大切です。いきなり全部は無理でも、できることから少しずつで良いので気を付けていくようにしましょう。

  • 質の高い睡眠
  • ストレスを溜めない
  • 脂っこいものと糖質を摂りすぎない

上記の3点に特に気を付けてください。

質の高い睡眠

質の高い睡眠をするには、朝しっかり日光を浴び、夜にメラトニンが分泌されるようにするようにしましょう。

また、適度な運動、夕方以降はカフェインを摂らない、寝る前に食事をしない、夜にスマホやパソコンのブルーライトを浴びないなど、気を付けることは多いのですが、できていないことを1つずつ焦らずに改善していくことが大切です。

ゴールデンタイムは22時から翌2時と言われることも多いですが、最近では時間よりも睡眠後3時間の質の高い眠りが大切だと言われています。

早寝早起きは、心身ともに良い生活習慣だと思いますが、仕事柄なかなか早い時間に睡眠できない人も多い世の中です。睡眠後3時間は、肌の生成に欠かせない成長ホルモンの分泌が盛んになりますので、ご自身の生活に合わせて、睡眠の質を高める工夫をすることが大切です。

ストレスを溜めない

ストレスを感じると男性ホルモンのテストステロンが分泌され、この影響で皮脂の分泌が活性化されます。ニキビは皮脂が大きな原因になる為、できる限りストレスを溜めないようにすることが大切です。

ストレスは、精神的なストレスの他に、エアコンの温度変化や、紫外線を浴びるなど外的な要素もあります。例えばカラオケで歌うことでストレスを発散したり、エアコンによる冷え対策に夏でも暖かい飲み物を飲むなど、工夫できることは多いものです。

脂っこいものと糖質を摂りすぎない

ファストフードや揚げ物などの脂っこいものを食べすぎると、血中の中性脂肪が増え、皮脂の分泌量が増えてしまいます。肌に良いことはありませんので、できるだけ控えるようにしましょう。

また、糖質も皮脂を過剰分泌させる原因になりますので、注意が必要です。甘いものだけでなく、炭水化物の摂りすぎにも気を付けるようにしてください。

糖質の分解には、ビタミンB群やミネラルを大量に必要とします。ビタミンB2・B6の不足は皮脂分泌を増加させてしまいますし、他のビタミンB群にも肌を健康に保つ働きが沢山あり、不足することで肌荒れ、ニキビの原因になりがちです。

サプリメントで補うのも対処法としては良いですが、根本的に食べ物にも気をつけるようにすることが大切です。

まとめ

あーちゃん
あーちゃん

黒ニキビは潰しても良いんだね。でも、あーちゃんはちょっと怖いから、皮膚科で潰してもらうようにする~

つる美さん
つる美さん

そうだね。自分でできると便利だけど、間違っても爪を立てて潰すようなことはしないようね。皮膚科に行く余裕がない場合は、スキンケアを中心に炎症を起こさないようにニキビケアをしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする