ニキビは腸が原因?腸活は肌の調子を整える

ニキビは腸活で治せる

「腸が健康ならほとんどの病気が防げる」と言う人がいるほど、腸は健康と多いに関係があることが解っています。便秘が肌に悪く、ニキビができる原因の1つとして挙げられることも多いですよね。

言い換えれば、便秘になるということは、腸が正常に働けていない状態だとも言えます。睡眠や正しい食生活などは、ホルモンバランスや肌のターンオーバーを助ける為だけではなく、腸を休める意味でも重要です。

しかし、睡眠に気を付けても、脂っこい食べ物を控えても、スキンケアに気をつけていてもニキビが治らないという人は、腸の健康にも気を配ってみることをおすすめします。

スポンサードリンク

腸を健康にするには?

腸を健康にするには、腸内に存在する善玉菌を悪玉菌より優位に保つことが必要だと言われています。

便秘や軟便、おならが臭うなどの症状がある場合は要注意。食生活の欧米化や乱れによって、腸内の悪玉菌が増殖してしまい、善玉菌が少なくなってしまっている可能性があります。

ニキビの場合は、特に口周りに内臓の不調が出やすいため、口周りのニキビができやすい人は善玉菌を増やすように心がけてください。

善玉菌を増やすにはエサを与える

善玉菌を増やす為には、善玉菌のエサとなる栄養を摂取すれば良いです。

食べ物で言えば、乳酸菌やビフィズス菌の入ったヨーグルト、食物繊維やオリゴ糖がおすすめです。

食物繊維はいわずもがなで腸の蠕動運動を活発化させ便通を改善してくれる役割も持ちます。。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維とがあり、水溶性のものを摂るようにします。不溶性のおから、インゲン豆、小豆、栗などは、腸の蠕動活動を活発にしてくれますが、摂りすぎると便秘が悪化するケースがあります。

水溶性嘱目繊維は水に溶けるので水分を保持しやすく便通が良くなります。しかし、こちらも良いからと言って摂りすぎれば下痢になるリスクがありますので、ほどほどにバランス良い食事を心がけてください。

水溶性食物繊維を多く含む食品は、ごぼう、にんにく、納豆、アボカドなどが挙げられます。

オリゴ糖は大腸に届くまで消化されないため、外の糖類と違って善玉菌の栄養源になります。タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、トウモロコシ、豆類などに多くのオリゴ糖が含まれています。

サプリ腸活でニキビを改善

前述したヨーグルトなどは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が入っていて、腸の健康に役立つと言われていますが、実際に生きたまま腸まで届くのはわずかです。

しかも、腸の部位によっても、環境に違いがあるため、1つの種類の善玉菌だけでは腸内環境は改善されづらいと言わざるを得ません。

そこで、サプリや錠剤で摂る方法がおすすめです。

ビオスリー

整腸剤ですが、活きている3つの細菌(糖化菌・乳酸菌・酪酸菌)を組み合わせることで、腸内フローラを整えてくれます。ビオスリーはビフィズス菌のエサにもなるので有益です。

ニキビの治療で抗生物質は善玉菌を死滅させてしまいます。ニキビの炎症を抑えるためには仕方ないですが、腸内環境は悪化します。そこで抗生物質と一緒に飲むケースも多いです。

また、腸は長いため、酸素濃度も違えば棲んでいる最近の種類も違いますが、3つの細菌を組み合せることで、どのような環境でも善玉菌が活躍してくれます。

ビオチン

ビオスリーはおすすめですが、ビオスリーで増えたビフィズス菌の中には、ビオチンをエサにする種類もあるようです。一緒にビオチンも摂ればその心配もクリアできます。

また、ビオチンは毛細血管を丈夫にして血流を増加させることで、皮膚の生成を促します。ビオチンが働くためにはマンガンが必要ですが、カルシウムを摂りすぎている場合、マンガンが不足するので注意が必要です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする