大豆イソフラボンのサプリや豆乳でニキビが治らない理由と解決方法

大豆イソフラボンはニキビに効果なし?

大人ニキビの主要な原因の1つが「ホルモンバランスの乱れ」と言われています。

特に生理前は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が大きく変化し、男性ホルモンに似た働きがあるプロゲステロンが優位になることから、皮脂の分泌量が増えニキビができやすくなると言われています。

そのため、嫌な生理前のニキビの原因の対策として女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」をサプリで摂ったり、豆乳や納豆などの大豆食品を積極的に摂っている人もいらっしゃいます。

しかし、効果的と言う人がいる一方で、効果がないと言う人もいます。

このページでは、大豆イソフラボンのサプリでニキビは治るのか、また、効果がないという人がどのようなタイプの人なのか、解決方法も含めて解説しています。

大豆イソフラボンはニキビに効果がある?

まず、大豆イソフラボンについて少しだけ解説します。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに構造的に近い形をしていると言われています。エストロゲンに似た働きがあり、そのことで肌荒れやニキビにも良いとされています。

エストロゲン:主要な女性ホルモン。美容面の働きとしては、肌の水分量の調整、皮脂量の調整、乳房の発達など女性らしい丸みを帯びた体を作る、コラーゲンの生成などがあります。

大豆イソフラボンのサプリは、「植物性エストロゲン」とよばれることもあり、年齢とともに、エストロゲンの分泌が不足し、頭痛・動悸・肩こりなどが起こる更年期障害対策として摂取する人が多いですね。

若い女性の場合も、月経前症候群(PMS)の症状緩和のために摂取している人も多いのではないでしょうか。

このようにエストロゲンの働きを補うために、大豆イソフラボンは活用されています。

生理前の黄体期に減少するエストロゲンを補う

生理周期の表

図のように女性ホルモンを代表する、エストロゲンとプロゲステロンは、生理周期によって大きな変化があります。

女性らしさを作るエストロゲンは、排卵日前まで優位ですが、排卵日から生理にかけては分泌が減少し、反対に男性ホルモンのアンドロゲンと似た働きもあるプロゲステロンが優位になります。

プロゲステロンは妊娠の維持など、女性にとっては欠かせない役割のある女性ホルモンですが、皮脂の分泌を増やすため、ニキビにとってはやっかいでもあります。

また、2つの女性ホルモンの急激な変化に伴って、月経前症候群の症状が出るのも、排卵日~生理前です。

黄体期に減少するエストロゲンの補うために似た働きのある大豆イソフラボンを摂取することで、更年期障害はもちろんのこと、月経前症候群や肌荒れなどにも効果があると言われています。

大豆イソフラボンはニキビに効くと言う人と効果がないという人

しかし、ニキビに効果があると言う声もありますが、効果が出ないと言う声もあります。参考までにtwiterのつぶやきを掲載します。

もちろん、ニキビはホルモンバランスだけが原因でなく、複合的な要素があるケースがありますから、効果があっても、一概に「大豆イソフラボンのおかげ」と言い切れなかったり、ニキビが治らないことが大豆イソフラボンの効果がない証拠とは言えません。

理論的には、肌の調子を整えたり、皮脂の分泌量を調整してくれるのでニキビに良いことは間違いないdしょう。しかし、大豆イソフラボンは、実は「効果が出ない人」がいるのです。

エクオールに変換できないと効果が出づらい

近年の研究では、大豆イソフラボンの健康効果は個人差があるということが解っています。

大豆イソフラボンが腸で吸収される時に、元々のダイゼインという成分のまま吸収される人と、エクオールという成分に変化して吸収される人がいます。

大豆イソフラボンのエストロゲンに似た働きは、エクオールとして吸収することで高まり、ダイゼインのままだと効果が少ないことが解っています。

エクオールを作れる人と作れない人

出典:ヘルスケアシステム

上図のように、エクオールは、腸内にエクオール産生菌がいるかいないかで決まります。

エクオール産生割合

出典:ヘルスケアシステム

しかし、エクオールが作れる人の割合は、日本人では43%、日本人の若い世代では20%~30%というデータがあります。

※他のデータも確認しましたが、似たような数値になっています。

つまり、大豆イソフラボンを摂取しても、6割程度の人が、エクオールに変換できず、結果としてニキビにも効果が出づらいということになります。

しかも、エクオールに変換できない人は若い世代になればなるほど増加しているため、ニキビで悩んでいる人が大豆イソフラボンを摂取しても、さらに多くの割合の人が効果が得られないということになります。

エクオールを産生するためには

今までの解説から、大豆イソフラボンの効果を発揮しやすくするために、エクオールを産生する必要があることをご理解いただけた思います。

それでは、エクオールを産生するためにはどうしたら良いのでしょうか。

  • エクオールを摂取する
  • 大豆食品を食べる

現在では、エクオールのサプリが販売されています。大豆イソフラボンを摂ってもエクオールが産生できなければ効果が得づらいですが、エクオールを直接摂ればニキビにも効果が期待ができます。

また、欧米人のエクオールを産生できる人の割合が20~30%に対し、日本人は43%と比較的多いのと、若い人ほど産生できる人が減少しているのは、はっきりしたことは解明できていないものの、食生活の違いからだと言われています。

中でも、大豆食品を「ほとんど毎日食べる人」のエクオール産生割合が50%なのに対して、「あまり食べない」人は24%というデータもあり、大豆食品を毎日食べることでエクオール産生菌を維持し、エクオールをしっかり産生できるようになると言われています。

まとめ

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをし、皮脂の分泌を調整してくれのでニキビにも良いし、ツルツルな肌を作ってくれるといわれていますが、エクオールに変換できなければ、効果が期待できません。

毎日のように豆乳を飲んでいたり、大豆イソフラボンのサプリを摂取しているのにニキビに効果がないと感じている人は、エクオールのサプリを摂取してみてはいかがでしょうか。

また、腸内のエクオール産生菌を維持、増やすためにも積極的に大豆食品を食べるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする