デコルテニキビの原因と治し方6つの対策

デコルテ

デコルテのニキビに悩まされていませんか?「デコルテまでは顔」という人も多いほど、顔と同じようにデリケートでニキビもできやすい部位でもあり、日ごろからの予防、スキンケアが大切です。

顔はしっかりとスキンケアを行ていても、デコルテは疎かになってしまっている人も多いのではないでしょうか。

デコルテニキビの原因は?

デコルテは顔と同様に皮脂腺の多い場所でもあります。それなのに顔のようにしっかりケアすることはは習慣になっていない場合も多いようです。

デコルテニキビの原因は

  • 皮脂の分泌により角栓ができる
  • 保湿不足
  • シャンプーの影響

などが挙げられます。1つずつ解説していくと同時に、改善方法、ケアの方法を紹介していきます。また、1つの原因ではなく複合的な原因でニキビができることが多いので、少しずつ改善していくことが重要です。

皮脂の分泌により角栓ができる

どのニキビにも当てはまりますが、デコルテニキビの場合も、皮脂の分泌とニキビの関係はやはり見逃すわけにはいきません。

デコルテは皮脂腺が多く、もともと皮脂の分泌が盛んな部位です。そこに皮脂が過剰に分泌されれば、ニキビができやすくなるのは他のニキビと理屈は同じです。

皮脂の過剰分泌は、生活習慣や食習慣、生理周期などを原因とするホルモンバランスの乱れや、肌のターンオーバーの乱れによって引き起こされます。

保湿不足

デコルテは顔と同じようにケアをするべきなのに、疎かにしがちな部位でもあります。お風呂上りに顔は保湿をしっかり行っていても、デコルテまではケアしていない場合、デコルテは保湿不足になっている可能性があります。

保湿が足りない肌は、バリア機能が弱くなってしまいます。バリア機能が弱った肌は、外部からの刺激にも弱く、水分が蒸発しやすい状態になるため、常にうるおいが足りない肌になってしまいます。

水分が足りないと角質が硬くなり、毛穴も細くなってしまいますので、少量の皮脂や角質でも毛穴に詰まりやすくなります。

シャンプーの影響

多くの一般的なシャンプーには、石油系の界面活性剤が含まれれています。また、シリコンも配合されていることがほとんどです。

石油系の界面活性剤は刺激が強く、肌に良い影響はありません。また、シリコンは1種のコーティング剤なので、洗い残しがあると、毛穴に詰まってしまいニキビの元になってしまうことがあります。

デコルテニキビを治す6つの対策

対策としては、下記の通りです。

  • 質の高い睡眠を心掛ける
  • 脂っこい食事を避ける
  • ストレスを溜めない(精神的にも物理的にも)
  • スキンケアをしっかりとする
  • 清潔に気を付ける
  • シャンプーに気を付ける

質の高い睡眠を心掛ける

ホルモンバランスの乱れが起こるには、いろいろな要素がありますので、1つずつ、改善していくことが大切です。思い当たる節があるものから、改善していくと良いでしょう。

質の高い睡眠は、生活習慣とも密接に関係している為、長時間眠れば良いというものではありません。逆に、多少短くても深い、質の良い睡眠が得られることは大切なことです。

具体的に言うと、「朝日を浴びる」「寝る3時間前からは食べ物を口にしない」「夜はスマホなどのブルーライトを浴びない」「夕方からはカフェインを控える」といったことが大切です。

人間はメラトニンの分泌により自然な眠りにつくようにできています。これだけは元から体にインプットされているものですから、現在のところ変えようがありません。

日光を浴び、体内時計をリセットすることで、14~16時間後にメラトニンが分泌され、自然な眠りにつくことができます。メラトニンが分泌を抑制する、ブルーライトやカフェインは夜はできるだけ控える必要があるのはこのためです。

また、食事に関しては、消化のために胃が働くことで、体温が下がりづらくなり、深い睡眠の妨げになってしまいます。

睡眠については、『ニキビの原因になる睡眠の質を改善する方法』のページも参考にしてください。

脂っこい食事を避ける

ファーストフードや揚げ物などの脂の多い食事は皮脂の分泌を増やすため、ニキビにとって良くありません。できるだけ脂っこい食べ物は避け、ビタミンB群が豊富な食べ物を摂るように心がけましょう。

ニキビに良い食べ物や悪い食べ物は『ニキビに効く食べ物・悪化させる食べ物9分類』のページも参考にしてください。

ストレスを溜めない

ストレスを感じると、ホルモンの関係で皮脂の分泌が増加します。ストレスの全くない生活は無理ですが、自分なりのストレス発散方法を身に着けていくことが大切です。

また、精神的なストレス以外にも、紫外線やエアコンのように、外的なストレスも存在します。紫外線を避け、エアコンによる冷え過ぎや乾燥に気をつけることも大切です。

ストレスについては、『ストレスニキビの原因と改善するための3つのポイント』のページも参考にしてください。

スキンケアをしっかりする

スキンケアの中でも大切なのは、「保湿」です。顔は洗顔後もお風呂上りも、スキンケアを行い、しっかり保湿に気を使っていても、デコルテはどうでしょうか。

デコルテも顔と同じと考えて、顔と同様のスキンケアを行うべきです。特に保湿に関しては、ニキビや肌荒れから、肌の健康を守るためにも重要です。

保湿については『ニキビは保湿が重要! バリア機能を高める保湿化粧品の選び方』のページも参考にしてください。

清潔に気を付ける

デコルテは皮脂腺が多いことから汗もかきやすい部位です。汗をかいたらこまめに拭くことが大切です。また、夏場などは朝晩シャンプーを浴びるなど、常に清潔な状態を保つように心がけていきましょう。

シャンプーに気を付ける

シャンプーの石油系界面活性剤や、シリコンはニキビに悪影響を及ぼすことがあります。しっかりすすぐのはもちろんのこと、洗う順番を替えてみることも必要です。

お風呂の時は、シャンプーで髪の毛を洗い、その後に体を洗います。最後に顔やデコルテを洗うようにしてみましょう。シャンプーの影響を最小限にとどめることができます。

また、皮膚の強くない人や乾燥肌の人は特に、刺激の弱い「アミノ酸系の界面活性剤」を使用していて「ノンシリコン」のシャンプーの使用を検討することもおすすめします。

シャンプーについては、『生え際のニキビはシャンプーが原因?すぐに治すには薬でケア』のページも参考にしてください。

まとめ

つる美さん
つる美さん

顔と同じように、スキンケアをしていくのと同時に、生活習慣や食習慣を見直していきましょう。スキンケアを怠っている場合は、スキンケアに気を使うだけで、デコルテニキビができなくなることもあるので、まずは保湿をしっかりするようにしてみましょうね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする