白ニキビにオロナインは効果がないの?おすすめの市販薬・石鹸も

オロナインは白ニキビには効かない?

オロナインがニキビに効くということは、いろいろなところで言われていますが、オロナインでは白ニキビは治せないという意見も多いようです。

そこで、このページでは、本当にオロナインは白ニキビには効果がないのか。使用する意味はないのかなど、気になることを解説していきます。

オロナインで期待できるのは消毒・抗菌の効果

オロナインは効果・効能に「にきび」と明記されているので、ニキビの治療薬として使用しても良いということです。

しかし、有効成分を見ても「クロルヘキシジングルコン酸塩液」のみで、他は添加物として扱われています。基材はワセリンですし、オリーブ油も配合されているので、保湿し肌の保護をするという効果は期待できます。

しかし、クロルヘキシジングルコン酸塩は、「殺菌作用」「抗菌作用」の為に配合されている成分なので、白ニキビのような炎症が起こっていないニキビには効果が出ないと言われています。

それでは白ニキビには効果がないの?

オロナインは、擦り傷ややけどや、症状の軽い赤ニキビには、効果的で、肌の万能薬として長年愛されてきた薬です。しかし、白ニキビは炎症をおこす前のニキビなので、オロナインよりも効果的な対策方法があります。

それでも、白ニキビには効果がないと言うとそうでもありません。

  • 抗菌作用でアクネ菌の発生を防ぐ
  • 保湿効果で肌のバリア機能を補助する

この2点は、外のニキビケアのアイテムでも重要なポイントです。

白ニキビは、そのままにしておくと、アクネ菌が繁殖すれば赤ニキビになってしまうリスクがあります。赤ニキビにしない為には、アクネ菌の繁殖を抑えてくれるオロナインの抗菌作用にも効果が期待できるのです。

また、特に乾燥からできる白ニキビの場合は、しっかりと保湿をしてあげることで、肌のバリア機能の補助をしてくれ、固くなってしまっている角質や毛穴に水分が保持されることで柔らかくしてくれます。

つまり、オロナインは白ニキビにも効果があり、使用することでニキビの予防にもなります。

オロナインの長期使用はおすすめしません

オロナインは、抗菌作用がある為、1週間程度の使用にとどめたほうが安心です。肌にはもともと常在菌がいますが、抗菌作用があるオロナインを長期使用していると肌の常在菌のバランスを崩すことになってしまいます。

白ニキビのできたところに、ちょこんと乗せて、擦り込まずに使用するようにしましょう。

肌に合わない人はニキビも悪化する恐れがあります

オロナインは、オリーブ油を含んでいます。また、アルコール成分なども配合されています。人によっては油分やアルコール分で白ニキビが悪化してしまう場合もありますので、合わないと思ったら使用しないように注意してくださいね。

オロナインの効果は弱い

ここまでは、オロナインが白ニキビにも効果があるよということをお伝えしてきましたが、それでも「白ニキビができたらオロナイン」とおすすめするようなものではありません。

皮膚科に行けば、オロナイン軟膏を処方する医師はいません。それは効果が薄いからです。市販薬であってもわざわざドラッグストアに行って購入するのであれば、皮膚科で処方されるものに近い効果が期待できる薬や、医師が勧めているものを使用すべきでしょう。

とはいえ、オロナインは一家に一個あってもおかしくない、常備薬としての地位を確立している薬ですから、家にあった場合に、まずオロナインをつけてみようというのは、問題ありませんし、ぜひ使用してみると良いと思います。

また、白ニキビを潰した後などは、テラコートリルのようなステロイド剤では傷の治りが遅くなりますので、オロナインのほうが適切だと言えます。

白ニキビでおすすめの市販薬

テラ・コートリル白ニキビにおすすめの市販薬は、医師が勧めることの多いテラコートリルです。

テラコートリルは高い抗炎症効果がある薬ですので、赤ニキビにもおすすめですが、白ニキビにも効果があります。

ステロイドが配合されていますので、長期使用や広範囲使用は副作用が懸念されることが多いですが、短期使用であれば副作用が出る心配を過度にする必要はありません。

テラコートリルはステロイドの中でも一番弱い5群(Weak)に分類される薬ですので、顔に使用するのにちょうど良いです。大量にニキビがある場合は向きませんが、数個のニキビには便利な薬です。

軟こうですが、擦り込むようにつけるのではなく、ニキビに乗せるような感じで軽く付けましょう。また、潰れたニキビは、傷が治るのが遅くなりますので、使用しないようにしましょう。

家でできる白ニキビ対策のおすすめ

白ニキビを治し、予防していくためには、角質のケアをすることが良いと言われています。

肌の角質が固くなり角化して毛穴に詰まりやすくなります。角質が毛穴に詰まるところからニキビができることが多いため、角質を溶かし毛穴に詰まらなくすることができるピーリング石鹸はおすすめです。

ピーリングと聞くと、「角質をこすって落とす」ようなイメージがあるかもしれませんね。ピーリングジェルのようにこすって角質を落とすようなケアは、肌を傷め肌のターンオーバーの異常を招くため、おすすめできません。

ピーリング石鹸は、AHA(α-ヒドロキシ酸)の効果で、普通の洗顔で角質の角化を防いでくれ、角質が毛穴に詰まるのを予防してくれますので、医師も使用を推奨しています。

ただ、ピーリング石鹸は「脂性肌」の人に向いているものの、「乾燥肌」や「敏感肌」の人には不向きです。

そこで、当サイトでは、どなたでも利用でき、かつニキビケアに効果の高い、石鹸の使用をおすすめしています。

NonA(ノンエー)

ノンエーNonAは、ピーリング石鹸が人気のあった時代から「ニキビの予防にこだわりピーリング成分を配合しない優しい石鹸」として、知る人ぞ知る石鹸でしたが、現在ではメディアなどにも取り上げられ、ニキビケア売上NO.1の人気石鹸になっています。

通常の4倍の弾力がある、もこもこ泡で肌に負担をかけない「クッション洗顔」ができ、余分な皮脂を優しく落としてくれます。

その上、「ヒアルロン酸」「ローヤルゼリー」など多くの保湿成分が配合され、洗顔後の乾燥から肌を守ってくれます。優しい

厚生労働省認可の「医薬部外品」で、有効成分は、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。白ニキビは炎症を起こしていないので意味がないと思いがちですが、炎症予防にも効果を発揮するので、今現在、炎症性の赤ニキビがなくても、配合されていたほうが良い成分です。

単純に美容石鹸としても優れていると言ってよい石鹸で、無香料・無着色料・無エタノール・無鉱物油と肌への優しさにこだわって作られているニキビケア石鹸です。

ピーリング石鹸が合わなかった人や、乾燥肌・敏感肌の人は、ぜひ試していただきたい石鹸です。

詳細を見る

まとめ

オロナインは白ニキビに効かないという声もありますが、実際には抗菌作用と保湿作用で、白ニキビから赤ニキビになるのを予防し、また、新しい白ニキビを予防してくれますし、外部からの刺激から白ニキビのできた肌を保護してくれます。

ただし、薬としての効果は、マイルドなものなので、わざわざ購入してまで使用するのであれば、テラコートリルなどの市販薬がおすすめです。

また、白ニキビを予防するスキンケアという意味では、洗顔と保湿ケアは重要です。おすすめのニキビケアアイテムなども参考にしていただければ幸いです。

良くできてしまう人は、スキンケアと同時に、質の高い睡眠や、脂っこい食事を避けるなど生活面も見直していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする