おでこニキビが大量にできた場合の原因と治し方(思春期ニキビ・大人ニキビ)

おでこニキビを撃退!

おでこのニキビ、前髪で隠していませんか?ついつい隠したくなるのは誰でも同じですが、隠しているだけでは、いつまでも繰り返しニキビができてしまいます。また前髪でニキビを隠すことで、症状を悪化させているかもしれません。

おでこは皮脂腺が多く、もともとニキビができやすい場所です。思春期ニキビで、できやすいのはもちろんのこと、大人ニキビでも、大量にできてしまうことがある「おでこニキビ」。

原因を知り、1日も早く今あるニキビを治して、繰り返しできないようにしていきましょう。

スポンサードリンク

おでこニキビの原因は

おでこは皮脂腺が多い為、ニキビができやすい部位ではありますが、全ての人がニキビで悩むわけではありません。頻繁にニキビができてしまう場合は何かしらかの原因があるものです。

おでこニキビの原因を解説していきますので、心当たりのあるものから対処していくように心がけてみてください。

ホルモンバランスの乱れが原因

思春期ニキビでは、成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になります。それだけでもニキビができやすい上に、もともとの体質やストレス、生活習慣や食生活など様々な複合的な要因が重なって、思春期ニキビができます。

20歳を過ぎると、おでこのニキビができにくくなりますが、大人になっても大量にできてしまうこともあります。

もちろん複合的な要因がありますので、1つずつケアすることが大切ですが、多くの場合は、ホルモンバランスが乱れることが大きな要因になっています。

女性の場合は、生理周期によってホルモンバランスが大きく変化します。排卵前は卵巣ホルモン(エストロゲン)が優位になり、排卵後は黄体ホルモン(プロゲステロン)が優位になります。

黄体ホルモンは、皮脂の分泌を増加させるため、排卵後~生理前にニキビができやすくなる傾向があります。

いつも、「生理前にできる」という人は、ホルモンバランスの乱れが関係している可能性が高いです。

前髪の汚れや刺激

おでこは髪の毛が当たりやすい場所です。ニキビができると、どうしても前髪で隠してしまうことが多いので、治りづらくなったり、何度も再発してしまう原因になりがちです。

髪の毛についたホコリや汗や皮脂などの汚れが、おでこにつきやすく、おでこから分泌される皮脂と混ざりあって毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

また、髪の毛についた汚れがおでこに付着し、ばい菌が繁殖しやすいため、白ニキビができると赤ニキビになります。

シャンプー・洗顔料・整髪料など

一般的なシャンプーには髪の毛の手触りを良くしてツヤを出すために、シリコン剤が配合されていることが多いです。シャンプーのときにすすぎ残しがあると、前髪などからおでこに移り、毛穴を塞ぐ元になってしまいます。

整髪料も髪形を維持するためのものですから、良く洗わないと取れないくらいのコーティング力があります。洗い落すのはもちろんのこと、使用中も前髪がおでこに当たるような髪型の場合、おでこに移り、ニキビができる原因を作ってしまいます。

おでこニキビの治し方

それでは、おでこニキビをどのように直せば良いか説明していきます。原因になるものを1つずつケアしていくことで、ニキビのできずらい肌を目指していきましょう。

正しい洗顔

おでこは、皮脂腺が多く、皮脂の分泌が多い場所です。ニキビケアには、余分な皮脂を洗顔で落とし、清潔に保つことがとても大切です。

思春期ニキビの場合

だいたい20歳までの思春期ニキビの場合は、特に皮脂の分泌が多く、名前の通り思春期でもあるため、ニキビやテカリに強いコンプレックスを抱いてしまう年頃でもあります。

その為、ついついニキビや肌に刺激を与えるような洗い方をしてしまったり、朝晩だけでなく、何度も洗顔を行ってしまったりと、ニキビの悪化につながってしまう洗顔をしていることもあります。

洗顔は、できる限り優しく、適度な水分を含んで泡立てた泡を滑らせるようにして洗います。おでこや鼻のTゾーンは特に念入りに洗いがちですが、「しっかり洗っているのに・・・」と思っている人は特に「洗いすぎ」に気を付けるようにしましょう。

大人ニキビの場合

大人ニキビの場合は、洗顔プラス保湿は欠かせません。また思春期ニキビの時ほど皮脂が過剰に分泌されることは少なく、洗いすぎによって必要な皮脂まで洗い流さないように注意が必要です。

脂性肌になってしまっている人の多くが、皮膚の内部の乾燥、いわゆる「インナードライ」の状態になっています。ニキビができるので洗顔を念入りにしたり、必要以上の回数の洗顔を行ってしまうと、必要な皮脂まで無くなり、体が皮脂を分泌します。

そうなると、皮脂が出て脂っぽくなるので、また念入りに洗ってしまいます。これを繰り返していくうちに、肌の内部がどんどん乾燥していって、慢性的に皮脂の分泌が多くなってしまう脂性肌になってしまうことがあります。

脂っぽいと思っても、洗顔は朝晩の2回だけで大丈夫です。汗をかいた場合はこまめにハンカチなどで優しくおさえて拭き取るようにしましょう。

正しい洗顔方法については、下記のページで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

正しい洗顔方法

シャンプーや整髪料に気を付ける

前髪が触れるなど、汚れや刺激からできる「おでこニキビ」にとって、シャンプーや整髪料はバカにはできません。

シャンプーのすすぎ残しがないよう、しっかりすすぐのはもちろんのこと、シャンプーの順番にも気を付けましょう。

髪の毛を洗ってから、体を洗い、最後に顔を洗うようにすることが、シャンプーのすすぎ残しの対策になります。もちろん、洗顔料が残っているのも良くありませんから、しっかりすすぎましょう。

また、刺激が少なく、シリコンを使っていない「アミノ酸系のノンシリコンシャンプー」を使用するのもおすすめします。

整髪料は、ニキビができているときは、使用しないほうが良いです。前髪だけつけないなど、工夫するのも良いですが、前髪でなくても、ついつい髪の毛を触ってしまい、その手でおでこを触ってしまうことがないとは言い切れないでしょう。

元々、手には雑菌が沢山いますが、その上に整髪料がついてしまうわけですから、ニキビに良いことは1つもありません。

髪形に気を付ける

ニキビができている場合も、良くおでこにできてしまう場合でも、髪の毛がおでこに触れない髪形がベストです。髪の毛は思っている以上に、汗や皮脂、ほこり等で汚れていますので、極力肌に触れないほうが良いのです。

もちろん寝るときもナイトキャップをつけたり、ヘアピンなどで、髪がおでこに当たらないような工夫をするようにしましょう。

ホルモンバランスを整える

どのニキビでも原因の1つに挙げられるほど、ホルモンバランスの乱れはニキビと密接に関係しています。

思春期の成長ホルモンはもちろんのこと、睡眠不足やバランスの悪い食事、過剰なストレス、生理周期など、様々な原因でホルモンバランスは乱れがちです。

ホルモンバランスを整えるには、質の高い睡眠や、ストレスを溜めないこと、バランスの良い食事などが挙げられます。

ホルモンバランスについては、下記のページも参考にしてください。

もう大人ニキビで悩まない!ホルモンバランスを整える5つの方法

おでこニキビにおすすめの薬

ニキビが再発しないようにするためには、このページで説明してきたような根本的なニキビケアが重要です。

しかし、特に赤ニキビは炎症を起こしている状態なので、長引くとニキビ跡の原因にもなってしまいます。今あるおでこニキビにできるだけ早く対処するには、薬を使うという選択肢もあります。

ペアアクネクリームW(第二種医薬品)

ペアアクネイブプロフェンピコノール(IPPN)が、アクネ菌によるコメド(白ニキビ)の生成を抑え、炎症(赤ニキビ)をしずめます。

また、イソプロピルメチルフェノール(IPMP)が症状を悪化させるアクネ菌などを殺菌し、吹き出物・ニキビの進行を抑えます。

@ コスメでも評価が高く、大人ニキビを治すのに使用している人も多い人気の治療薬です。

テラ・コートリル

テラ・コートリルテラ・コートリルは炎症をとるステロイドの“ヒドロコルチゾン”と、細菌を おさえる抗生物質の“オキシテトラサイクリン”が配合されています。

ステロイド剤は強度に5段階あり、一番弱い5群(Weak)に該当します。

テラ・コートを塗った上に絆創膏を貼るなどの情報をネットで見かけることがありますが、効果は高まるものの副作用のリスクが増しますので絶対にしないようにしてください。

絆創膏を貼るくらいなら、短期間使用やスポットで使うなら強度があるステロイド軟こうを使うほうが安全です。

おでこニキビにおすすめのニキビケア化粧品

おでこニキビのケアには、薬用のニキビケア用品を使用することをおすすめします。ニキビができていない部分に使っても問題ありませんし、ニキビ予防にもなります。

普段使っている化粧水や美容液が肌に合っていて気に入っている場合などは、ニキビができる場所だけニキビケア化粧品にするのも良いでしょう。

プロアクティブ+

proactiv

『プロアクティブ』は13年連続売上ニキビケア化粧品売上NO.1と多くの人が愛用しているニキビケア用の化粧品です。

朝晩の2回、3ステップの手軽なニキビケアですが、その全てに有効成分のサリチル酸が配合されているのが大きな特徴です。

サリチル酸は殺菌防腐作用、角質溶解作用があります。ニキビの悪化の原因になる殺菌の繁殖を防いで、角質を柔らかくしてくれ、角栓を溶かしてくれる成分です。

また、乾燥を防ぐため、天然由来の植物成分をバランスよく配合し、乾燥肌の人や敏感肌の人でも安心して使うことができます。オイリー肌の人も肌の奥では乾燥していることで、皮脂が過剰分泌していることが多く、乾燥を防ぐことはニキビ対策として重要なので、保湿は必須です。

公式サイトで購入すると7.900円ですが、下記の特設ページからは4900円(送料600円で実質5500円)で購入できます。

角質ケアができるディープクレンジングブラシと、お肌のほてりを抑えてくれるスキンクーリングセラムの2点が特典でついてきてお得なので、購入する場合は、公式サイトではなく、下記の特設サイトからにしましょう。

ただし、定期お届けプランに自動登録になるので、定期購入したくない場合は、お問い合わせ窓口(0120-010-567)まで連絡して解除することが必要です。

特設サイトはこちら

ビーグレン(b.glen) ニキビケアプログラム

ビーグレンニキビトライアル『b.glen(ビーグレン)』は、独自の浸透技術「QuSome®」で肌の角層内部まで届き、悩みの元にアプローチしてくれます。

クレイウォッシュの泥の主成分「モンモリロナイト」は、毛穴の直径の約2,000分の1の大きさ。そのため、するすると毛穴の中に入り込み、汚れを取り除いてくれます。

お肌への負担も少なくて済むのが嬉しいですね。黒ずみや汚れがすっきり取れるので、毛穴の黒ずみで悩んでいる人にもおすすめです。

送料無料・代引き手数料も無料で、1800円で7日分のトライアルセットが試せます。

公式サイトはこちら

オルビスクリアシリーズ

オルビスクリアシリーズ

『オルビスクリアシリーズ』は、特に生理前に、おでこニキビができる人や、ニキビの数が多くない人におすすめです。

「肌のバリア機能を高めること」をコンセプトに作られている化粧品ですが、ニキビに有効な成分グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)がニキビの炎症を抑えてくれます。

「100%オイルカット」なので安心して使えます。保湿成分は浸透性コラーゲン、ヨクイニンエキスを配合していて、ベタつかずに高い保湿力があるのが特徴です。

お肌のバリア機能をアップして、生理前の周期ニキビや肌荒れのできにくい強い肌へ導いてくれる紫根エキス(シコニン)も配合されています。

トライアルセット「クリアミニセット」は3週間分の3ステップのセットで、安価に長期間試すことが可能です。

公式サイトはこちら

まとめ

つる美さん
つる美さん

大量にできてしまったおでこニキビは、生活習慣や食習慣の改善も心掛けて治していきましょう。一夕一朝にできるものではありませんが、できることから少しずつ改善していくことで、ニキビが二度とできない美しい肌を目指していきましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする