頭皮ニキビのできる原因と改善のための8つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
頭皮のニキビ

頭や生え際にできたニキビ。そんなに目立つ場所ではありませんが、痛かったり、かゆかったりとニキビができて良いことは1つもありません。

実は美容院などで恥ずかしい思いをしている人も沢山いらっしゃいます。

特に頭皮のニキビは、よほど気を付けて見ていない限りなかなか気づかないので、炎症を起こして痛みが出てから気づく場合も多いのではないでしょうか。

また、頭皮の状態が悪化していると、髪の毛にの健康にも影響してくることも考えられます。よく頭にニキビができてしまう場合は、原因を理解して適切な対策をしていきましょう。

スポンサードリンク

頭にできるニキビの原因

頭皮ニキビの原因

頭皮のニキビの原因は「皮脂が過剰に分泌されている」、「肌のターンオーバーの乱れ」、「シャンプーのすすぎ残し」のどれか、またはこれらの原因が複合的にある場合です。

皮脂が過剰に分泌されている

頭皮は皮脂腺が多いと言われている額の2倍多く皮脂腺が密集している場所です。

皮脂自体は正常な分泌量であれば、頭皮の潤いを保ち、髪の毛にツヤやコシを与え、ホコリや紫外線から守ってくれる大切な役割を持っています。

しかし、ストレスや不規則な睡眠、ホルモンバランスの乱れなどで、皮脂が過剰に分泌されてしまうと、毛穴に詰まりニキビになってしまうことがあります。

脂漏性皮膚炎(湿疹)の可能性も

皮脂の過剰分泌によって起こる脂漏性皮膚炎(湿疹)の可能性もあります。頭皮は特に脂漏性皮膚炎が良くできる好発部位で、成人では慢性化する恐れがあるので注意が必要です。

脂漏性皮膚炎はマラセチア真菌という肌に住む常在菌(カビの一種)が過剰に繁殖し、皮膚に炎症が起こるものです。マラセチア真菌は皮脂や汗を好むので、皮脂が過剰に分泌していると増殖することがあります。

赤みや、かゆみ、皮膚がポロポロ剥がれるなどの症状があり、放っておくと加齢臭のようなにおいがしたり、ベタベタしたフケ(脂性フケ)が出ることがあります。

脂漏性皮膚炎の場合はマラセチア真菌の繁殖を抑えなければならないため、皮膚科で抗真菌薬を処方してもらい治療することが大切です。

肌のターンオーバーの乱れ

頭皮の乾燥や紫外線、ヘアケア用品の刺激などの影響で頭皮のターンオーバーが乱れてしまうと、頭皮が厚く硬くなり、古い角質が毛穴に詰まりやすい状態になってしまいます。

乾いたフケが出る場合は、頭皮が乾燥している証拠ですので頭皮のターンオーバーが乱れてしまっている可能性が高いです。

シャンプーのすすぎ残し

毛穴に詰まるのは皮脂や角質だけではありません。

多くのシャンプーやリンス、コンディショナーには、髪の毛の手触りを良くして、ツヤを出すために「シリコン」が配合されています。シリコンは一種のコーティング剤なので、頭皮に残ってしまうと毛穴を塞いでしまう場合があります。

生え際のニキビは、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しが原因になっていることもありますので注意が必要です。

頭皮ニキビの治し方~改善のための8つのポイント

頭皮ニキビの治し方

頭にできるニキビの原因を1つずつクリアにしていくことで、頭皮ニキビができないようにしていきましょう。

①ホルモンバランスを整えて皮脂の分泌を正常に

ストレスを受けると、ストレスから体を守るために男性ホルモンが分泌され皮脂の分泌が促進されます。

また、睡眠の質が落ちるような不規則な生活や、生理周期の変化などもホルモンバランスを狂わせる要因です。

ホルモンバランスを整えるためには、下記の3点が重要です。

  • 質の高い睡眠
  • ストレスを発散する
  • 大豆食品を食べる

②質の高い睡眠

できるだけ早寝早起きをしましょう。仕事などで帰宅が遅い場合などは、いつも同じ時間に寝て起きる「規則正しい」睡眠を心がけましょう。

肌の生成を行うためには、成長ホルモンの働きが必要ですが、成長ホルモンは就寝後3時間以内までがピークです。つまり、その時間の睡眠の質の高さが重要なのです。

その為には、特に下記の3点に気を付けましょう。

  • 就寝前の数時間は食事をしない
  • 夕方以降はカフェインは摂らない
  • 夜はブルーライトを浴びない

就寝前に食事をすると、就寝後も消化の為に胃腸が働き、体が十分に休めません。また胃腸の働きは鈍くなるので、消化不良を起こし、肌の健康に悪影響を与えてしまいかねません。

カフェインは、コーヒーやコーラだけでなく、緑茶や紅茶にも含まれています。カフェインの覚醒効果は飲んでから30分程度でピークを迎えますが、人によっては6時間もの長時間残る場合もあると言われています。

ブルーライトは、パソコンやスマホ、TV、LED照明など、生活の中で欠かせないものを使用するだけで、浴びてしまいます。夜はできる限り照明を暗くしたり、パソコンやスマホの使用は控え、睡眠の質を上げる生活習慣を身に着けるようにしましょう。

とはいえ、一度見に着いた習慣を変えるのは、簡単なことではありません。例えば、「PCやスマホを使う時はブルーライトをカットする眼鏡をかける」、「夜はカフェインレスのコーヒーやお茶を飲む」など、無理なく続けられるところから始めていくなど工夫していくようにしましょう。

③ストレスを発散する

ストレスを受けない生活はできませんが、溜めないようにすることは工夫次第で可能です。ストレスは精神的なものだけでなく物理的なものもあります。

どこでどうストレスを受けるかは人によっても差が大きいですが、趣味や運動など自分なりのストレス発散方法を身に着けることが大切です。

詳しくは下記のページも参考にしてみてください。

④大豆食品を食べる

大豆食品には、女性ホルモンとの1つエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれています。大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、名前のとおり大豆に含まれています。

活性酸素を抑制し、女性ホルモンを調整し、エストロゲンが不足しているときに、同様の働きをしてくれます。

女性らしい体を作るエストロゲンは、コラーゲンやヒアルロン酸など肌のハリや弾力を保つ成分の生成を助けますが、生理周期の後半、排卵後の黄体期と呼ばれる時期は分泌が減少します。女性特有の生理前ニキビができるのは、この為です。

エストロゲンが少なくなった時は、代わりに働き、多すぎる場合は抑えてくれるので、ホルモンバランスを整えるためには、とても有効な成分です。

サプリも人気がありますが、摂りすぎるのはNGなので、用量には注意してください。できれば、納豆や味噌、大豆の煮つけなど、食事から摂取するのが望ましいです。

ただし、大豆アレルギーの方は、「サプリなら大丈夫かな?」と安易に使用しないで、医師の判断に従うようにしてください。

⑤肌のターンオーバーを正常に

肌のターンオーバーは、皮膚の生まれ変わりのサイクルのことです。ターンオーバーの乱れとは、激しい乾燥や、ホルモンバランスの乱れなどで、皮膚の成長過程に異常が起こことを指します。

肌は部位や年齢によっても違いがありますが、通常28日から56日かけて生まれ変わりのサイクルを続けています。

 

ターンオーバーが遅い・・・皮膚が硬くなり古い角質がなかなか剥がれ落ちなくなる

ターンオーバーが早い・・・角質が剥がれるのが早く、未熟な皮膚が表面に出てきてしまう

 

ターンオーバーは早くても遅くても良くありません。ターンオーバーが遅ければ皮膚が硬くなり角質が毛穴に詰まりやすくなりますし、体が肌の潤いや弾力が足りないと判断して皮脂が過剰に分泌される元になります。

ターンオーバーが早い状態は未熟な肌が表面になるため、「バリア機能が働かない状態」です。外部からの刺激に弱く、水分も保持できない為、乾燥肌になります。また、乾燥すれば体は皮脂を過剰に分泌するようになります。乾燥しているのにニキビができたり、症状が進むと脂性肌や混合肌の原因になります。

ターンオーバーを正常にするには、上記で解説した「ホルモンバランスを整える」他に、外的要因が大きく関係してきます。頭皮や生え際のニキビの場合は、下記のポイントに気を付けて改善していきましょう。

  • 正しいシャンプー
  • 正しい洗顔
  • 保湿
  • 紫外線対策

⑥正しいシャンプー

頭皮に傷をつけないように、爪を立てずに泡で洗うイメージで髪を優しく洗うようにしましょう。特に頭皮のニキビの場合は、髪の毛をシャンプーするときに「髪を洗う」という意識から「頭皮を洗う」という意識に変えてあげる必要があります。

また、一般的にシャンプーはシリコンと石油系の界面活性剤を使用しています。泡立ちが良く、髪の毛をコーティングするため、使い心地や洗った後の手触り、ツヤなどが良いのが特長ですが、すすぎが足りないと毛穴が詰まる原因の1つになってしまうこともあります。

石油系界面活性剤良く泡立ち洗浄力が高いが刺激が強い
アミノ酸系界面活性剤泡立ちは悪く洗浄力が弱いが頭皮に優しい
シリコン手触り、ツヤなどが良いが毛穴に詰まることも
ノンシリコン毛穴に詰まらない、頭皮に優しい

皮脂が気になって、1日に何度もシャンプーしたり、必要以上に入念に洗っている人も注意が必要です。必要な皮脂まで洗い流され、肌に棲む常在菌が過剰に死んでしまいます。

頭皮を健康に保つためには、洗浄力が弱く刺激が少ない、アミノ酸系のシャンプーで、かつノンシリコンのものを選ぶようにすると良いでしょう。脂性肌で頭皮の脂が気になる人は、天然由来の脂を使った界面活性剤も有効です。

シャンプーについては下記のページも参考にしてください。

⑦正しい洗顔

生え際のニキビの場合で特に気を付けて欲しいのが洗顔料のすすぎ残しです。生え際は産毛が生えていますし、髪の毛に洗顔料が残ってしまいがちです。生え際は特に念入りにすすぐように気を付けるようにしましょう。

洗顔方法については、下記のページも参考にしてください。

⑧保湿

生え際の保湿は、顔の保湿と同様ですので、基本的には問題はないでしょう。生え際の保湿ケアを疎かにしている場合は、洗顔後、入浴後は念入りに保湿するように心掛けてください。

問題は頭皮の保湿です。髪の毛があり、直接クリームを塗るわけにもいかない為、保湿がしづらいですよね。

頭皮の保湿には、スプレー式のローションを使用した保湿や、スペシャルケアとして週1回程度、ホホバオイルやアルガンオイル、オリーブオイルを使った頭皮用のオイルで保湿する方法があります。

ルプアクア

頭皮ニキビ用の薬用ローション「ルプアクア」

ルプアクアは、頭皮ニキビ専用の薬用ローションです。従来の1/300サイズにした超低分子ナノ化ヒアルロン酸と高分子ヒアルロン酸をW配合。

ヒオウギやレモングラスなど9種類の厳選した植物成分も配合して、頭皮を健康な状態に近づけてくれます。

ニキビに効果を発揮する有効成分はイソプロメチルフェノールを配合。アクネ菌を抑えられる上、抗真菌作用もあるので、マラセチア真菌にも効果が期待できます。

公式サイトはこちら

 

まとめ

つる美さん
つる美さん

頭皮のニキビは過剰な皮脂の分泌やシャンプーのシリコンが原因になっていることが多いです。ホルモンバランスを整えて、肌のターンオーバーの正常化していくことと、シャンプーのすすぎ残しに気を付けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*