顎ニキビは男性ホルモンが原因?生理前にできやすい理由

顎ニキビの男性ホルモンの影響

顎ニキビは、ついつい触ってしまうなど、できると治りづらい印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

また、「なぜか、周期的に顎ニキビができる」と感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ニキビはどこにできても嫌なものですが、このページでは顎ニキビと男性ホルモンの関係、また男性ホルモン以外の主要な原因であるホルモンバランスの乱れと改善法について解説しています。

顎ニキビは男性ホルモンの影響?

ニキビは皮脂や角質が毛穴に詰まってできるため、皮脂の分泌を増やす男性ホルモンは、ニキビができる原因になります。

顎はもともと皮脂腺が多く、皮脂が多い部位ですから、ニキビはできやすいといえます。また、男性ホルモンの影響を受けやすい部位でもあるため、顎ニキビと男性ホルモンは深い関係があると言えるでしょう。

男性ホルモンは、男性ならもちろんのこと、女性にも男性ホルモンは分泌されます。しかし女性は男性と比べて男性ホルモンは少ないです。男性の半分程度、代表的なテストステロンで言えば5~10%程度だと言われています。

その程度であれば大した影響は受けなさそうですが、実際には、女性は髭が生えないため毛穴が開いていませんので、男性より皮脂は詰まりやすいです。

ただし、皮脂が過剰に分泌されていなければ、ニキビができやすくなることはありません。ニキビは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥などで毛穴が細くなったりした場合にできやすくなるものです。

それでは、男性ホルモンの場合、どのような時に皮脂の過剰分泌を招くのでしょう。

ストレスとジヒドロテストステロン

男性ホルモンのテストステロンは、ストレスを受けると、5αリダクターゼとう酵素と結合し、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化します。

ジヒドロテストステロンは皮脂腺を活発にする働きがあり、ニキビの原因になる皮脂の分泌を増加させます。

ストレスがニキビに良くないと言われているのは、自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れるという理由が大きいですが、上述のように男性ホルモンの影響もニキビに関係します。

女性は生理前に顎ニキビができやすい

女性の場合、生理前には黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増え、それまでに優位だったエストロゲンが減少します。

エストロゲンもプロゲステロンも代表的な女性ホルモンで、多くの役割を持つ必要なホルモンですが、プロゲステロンは、皮脂を増加させるため、ニキビができやすくなります。

また、ホルモンバランスに大きな変化が起こるので、自律神経もホルモンバランスも乱れやすく、皮脂を増やす原因になります。

女性が生理前に肌荒れやニキビができやすいのはこのためです。Tゾーンにニキビができないのに、顎にだけできる大人ニキビの多くは、ホルモンバランスの乱れが関係しています。

その他の顎ニキビの原因や生理前のニキビについては、下記のページも参考にしてください。

男性の場合は髭剃りが主要な原因

男性の場合は、女性より男性ホルモンが多いですが、ニキビができる人とできない人がいます。思春期には成長ホルモンの影響でニキビが大量にできていても、大人になると自然とできにくくなるものです。

男性ホルモンは皮脂を分泌させますので、男性ホルモンが多ければ多いほど、ニキビができやすくなると言えるでしょうが、男性の場合、顎ニキビの主要な原因は髭剃りによる肌への負担です。

髭剃りと同時に肌にも傷をつけてしまうことが多いため、肌のバリア機能が低下しニキビができやすい状態になってしまいます。

髭剃りの手入れや肌の負担を考慮したビフォアケア、アフターケアをすることが大切です。

関連ページも参考にしてください。

顎ニキビは男のほうがひどくなりやすい?原因と対策

ホルモンバランスを整えるには生活習慣・食生活から

ホルモンバランスを整えるためには、下記の4点が大切です。

  • 睡眠の質を上げる
  • ストレスをできるだけ緩和する
  • 食生活を改善する
  • 適度な運動を心がける

睡眠の質は、いかに熟睡できるかという事が大切です。基本は朝に日光を浴び、夜にしっかりセロトニンが分泌されるようにすることです。体に元から備わっていることなので、ここは避けては通れないと言っても過言ではありません。

また、スマートフォンやテレビなどのブルーライトは、セロトニンの分泌を抑制しますので、夜は使用を控えるようにしましょう。

他には、夕方以降にカフェインを摂らない、寝る前に食べないなどに気を付けていくようにしてください。

ストレスは、皮脂の分泌を増加させるだけでなく、自律神経を乱しホルモンバランスを乱しますので、できるだけ発散できるように心がけてください。もちろん、ストレスを0にする必要はなく、あくまで過度なストレスという意味ですので、神経質になりすぎないことも大切です。

食生活を改善することも大切です。ファーストフードや揚げ物など油分の多い食事は、ホルモンバランスを乱すと言われていますので、食べ過ぎに気を付けましょう。

「納豆」「豆乳」はは、女性ホルモンの働きと似た働きをする「大豆イソフラボン」が豊富なので、積極的に食べるようにしましょう。サプリでも摂取できますが、その場合は取りすぎると良くないので注意してください。

また、適度な運動はストレス発散にも繋がりますし、自律神経の活性化によって女性ホルモンのバランスを調整してくれます。運動不足の方は、無理をしすぎない程度に軽い運動から始めていくようにしましょう。

もっと詳しく知りたい場合は、下記のページも参考にしてください。

まとめ

顎ニキビは、男性ホルモンの影響でもできやすくなりますが、女性の場合は生理前のホルモンバランスの乱れのほうが強い原因です。

女性の大人ニキビの主要な原因でもあるホルモンバランスの乱れは、生活習慣や食習慣を見直すことで改善していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする