ニキビにマスクはNG?使い方には注意が必要です

ニキビにマスクはNG?

ニキビができると、「できれば誰にも見られたくない」と思うのはみんな同じですから、マスクを着けて隠している人も多いのではないでしょうか。

しかも化粧がニキビを悪化させると聞けば、できるだけすっぴんでいたいものです。「近所への買い物くらいならマスクを付ければ大丈夫!」と、ついついマスクを着けていませんか?

実は、マスクを着けるのはニキビには良くありません。場合によっては、ニキビがなかなか治らない原因になってしまっていることも。

看護師さんや食品管理の仕事など、常にマスクを着けている人はニキビができやすいと言われています。

このページでは、どうして、マスクがニキビに良くない理由と対策方法について解説します。

スポンサードリンク

ニキビにマスクがNGな理由

マスクを着けることで、ニキビに良くない理由は・・・

  • マスクの摩擦による肌への刺激
  • 通気性が悪く雑菌が繁殖しやすい

上記の2つの原因が、マスクを着用してはいけない大きな理由になります。

反対に、マスクの着用がニキビに良いと言う意見もあります。

  • 外気にあるホコリや雑菌から肌を守れる
  • 紫外線から肌を守れる
  • 寒い時期は冷たい外気の刺激を和らげてくれる
  • 外気に触れないことで乾燥から肌を守れる

こうして見ると、確かに、マスクを着けて肌に良いこともあるように感じます。

しかし、良いと言われているポイントは全て外気による、ニキビに悪い要素を緩和する目的です。

「ホコリ・雑菌・紫外線・乾燥・寒さの刺激」などから肌を守れても、マスクにより、ニキビの患部そのものが擦れてしまったり、蒸れによる雑菌繁殖が起これば、メリットよりデメリットが大きいのは明らかではないです。

どうしてもマスクを着ける場合は

それでも、マスクを着けなければならない仕事や、インフルエンザなどの病気の際などは、どうすれば良いでしょうか。

サイズや形状、素材に気を付ける

マスクにもいろいろな素材や形があります。ニキビにマスクが良くないのは「摩擦・蒸れ」ですから、この2点がなるべく起こらないものを選べば良いことになります。

素材はできるだけ柔らかいものが良いです。できたニキビになるべく当たらない形のものがあればベストです。

使い捨てのマスクは、ちょくちょく取り替えて使えるので清潔で手軽ですが、肌に優しいものを探すのは大変かもしれませんが、立体的なマスクや、1サイズ大きいマスクを選ぶようにしましょう。

ガーゼマスクおすすめは、敏感肌の人や、肌に気を使っている人がつける、ガーゼマスクです。肌に優しく、通気性も良いので、どうしてもつけたい場合も肌への負担が最小限で済みます。

なるべく小まめに取り換えたいので、複数用意する必要がありますので、使い捨てマスクと比べると初期コストは掛かりますが、1枚1000円から1500円ほどで購入できます。

アロママスクなど着用しないほうが無難

アロママスクなどは、香料が添加されています。もちろんテスト済で肌へ悪い影響がないことを確認して製造されているでしょうが、それはあくまで普通の肌の人です。

ニキビの場合は、ちょっとした刺激で悪化してしまうことも考えられますので、できる限り使用しないに越したことはありません。

まとめ

マスクがニキビには良くない理由を知っていただけたかと思います。どうしてもマスクをつけたい事あるでしょうし、絶対にダメだというほどの事でもありません。

しかし、せっかくニキビを治そうと頑張ってケアしているのに、不用意にマスクを使用することで、ニキビを悪化させてしまったり、治りづらくさせているのであれば、そんな勿体ないことはありません。

特にマスクを愛用している人や、仕事上どうしてもつけなければならない人は気を付けてみてください。

つる美さん
つる美さん

マスクを使用する場合は、刺激や蒸れがニキビに悪いということを認識したうえで「ちょっとだけ使う」、「なるべく肌に負担がないものを使う」など工夫してみてくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする