ニキビは保湿が重要! バリア機能を高める保湿化粧品の選び方

保湿でニキビを治そう

「オイリーなのに保湿が大切なの?」と思う人は要注意。乾燥はニキビの大敵です。

乾燥肌のニキビの場合は、保湿にも気を使うと思いますが、オイリー肌の人は保湿を怠ってしまっていませんか?心当たりがある場合は、きちんと保湿をするだけでニキビができにくくなる可能性が充分にあります。

このページでは、ニキビを治すために保湿が重要な理由を解説します。

スポンサードリンク

乾燥肌・脂性肌どちらも保湿が大切

乾燥肌の人はもちろんのこと、脂性肌の人も保湿をしっかり行うことがとても大切です。

乾燥肌の場合、多くの人が保湿には気を使っていると思いますが、脂性肌の人も多くの場合

肌が乾燥していのにどうしてニキビができるの?

肌が乾燥しているのに、どうしてニキビができてしまうのでしょうか。

本来、ニキビは分泌された皮脂や古い角質が毛穴に詰まってしまうことが原因です。

乾燥肌は皮脂の分泌が少ないので、皮脂膜とよばれる天然のバリアが薄くなってしまいます。バリアが少ないので、水分は蒸発しやすく常に足りない状態になってしまいます。

そして、水分の足りない肌は角質が古く硬くなりやすく、毛穴も細くなってしまいます。

その結果、少量の皮脂でも毛穴に詰まりやすく、皮脂の分泌が少なくてもニキビができてしまうのです。

脂性肌だけど乾燥しているの?

まず、脂性肌には、2種類あります。

  • 単純に皮脂の分泌量が多いケース
  • 肌の内部が乾燥している事で皮脂の分泌量が増えているケース

例えば、思春期ニキビでは成長ホルモンの影響で、女性なら生理周期のホルモンバランスの変化で、皮脂の分泌が増えニキビができやすくなります。この場合は、皮脂量が増えているだけなので、乾燥が原因ではありません。

しかし過剰に皮脂が分泌されると、テカリを抑えようとしたくなりますし、ニキビができればなおさら、しっかりケアしようとし過ぎてしまい、1日2回以上の洗顔をしてしまったり、必要以上にゴシゴシ洗ってしまうようなことは、少なくありません。

必要な皮脂まで落としてしまったり、肌表面に傷をつけてしまうと、体は「皮脂が足りない」と反応して、さらに皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

  • テカリやニキビが気になり間違った方法で洗顔する
  • 必要な皮脂が足りないので皮脂の分泌が増える
  • さらに洗顔回数が増えたりゴシゴシ洗ってしまう
  • 恒常的に皮脂の分泌が増える

というような悪循環が起こっているケースが多くあるのです。

洗顔後すぐに保湿を

単に皮脂の分泌量が多いだけなのか、乾燥が元になってい皮脂の分泌量が増加してしまっているのかは、見た目などで判断するのは難しいかもしれません。

しかし、どちらにせよ、洗顔後の保湿は大切です。

洗顔をすることで、余分な皮脂や汚れとともに、バリアの役割をしてくれる必要な皮脂や「セラミド」など天然の保湿成分も、多かれ少なかれ一緒に洗い流されます。

その分、化粧水などで保湿して、水分を補ってあげる必要があります。

ただし、ニキビなどの肌トラブルを抱えた肌は、バリア機能が低下しています。

化粧品の過剰な使用は、かえって刺激を増やしてしまったり、肌本来の機能を弱めてしまう場合がありますので、保湿と言っても、必要な分だけ補う意識が大切です。

洗顔は適切に正しい方法で

ついついニキビができると清潔を保たなくてはと思い、洗顔回数を増やしてしまったり、刺激の強い洗顔料を遣ったりしてしまいがちです。

しかし、洗顔で肌に余計な負担を掛けてしまっては元も子もありません。

洗顔は回数は朝晩の2回だけで充分です。また、できる限り優しく肌に負担を掛けないように洗顔を行いましょう。

正しい洗顔方法については、下記のページを参考にしてみてください。

間違った洗顔でニキビが悪化?4ステップの正しい洗顔方法
もしかすると、肌を正常な状態にすることを妨げているのは、あなたの洗顔方法のせいかも知れません。洗顔は役目を終えた古い肌(古い角質)や...

保湿力の高い成分は?

角質細胞間脂質で保湿保湿力のある成分は沢山ありますが、最も保湿力が高いものは、もともと皮膚に備わっている成分です。

角質層にある角質細胞間脂質は、角質細胞間を埋め尽くすようにして肌の水分を保持してくれる役割があります。

セラミド

この角質脂肪間脂質で、有名なのが「セラミド」です。セラミドには種類がありますが、特にセラミド2と、年齢と共に減少するセラミド3は保湿力が高いことで有名です。

※セラミド〇〇といった成分は、全てセラミド様物質で、水分を保持するセラミドと似た働きがある成分です。

コラーゲン・ヒアルロン酸

次に保湿力が高い成分もやはり体の中に存在しています。角質層より奥の真皮に存在する「コラーゲン」「ヒアルロン酸」は、セラミドより保湿力はな弱いものの、やはり優れた保湿力があり、かつセラミドより安価な為、多くの化粧品に配合されています。

エラスチン

真皮には、コラーゲンとコラーゲンを結び付け、真皮の弾力性を保つエラスチンも存在しています。エラスチンは25歳ををピークとして減少していきます。

卵殻膜

皮膚に存在しないものでは、セラミドに近い保湿力のある卵殻膜にも注目が集まっています。

卵殻膜は、18種類のアミノ酸やコラーゲン・ヒアルロン酸などを自然含有しています。赤ちゃんの肌と同じ、Ⅲ型コラーゲンを含んでいて、肌の修復作用が高く、色素沈着を薄くする作用があるシスチンの含有量が多いことでニキビやニキビ跡にも有効です。

他に保湿力がある成分は沢山ありますし、化粧品メーカーも独自色を打ち出しライバル商品との差別化を図るためでしょうが、いろいろな保湿成分を配合した商品が数多く存在します。

基本は、セラミド(高価)、コラーゲン、ヒアルロン酸(セラミドより安価)といった、元から体にある保湿成分を中心に配合している化粧品を選べば良いです。

浸透力の高い化粧品を選ぶべき?

化粧品は外からのケアですが、基本的には肌の角質層に留まると言われています。角質層の保湿も、美しい肌を保つために重要なので、外側からのケアも大切です。

しかし、少しでも奥まで成分が浸透したほうが良い感じがしませんか?

実際、真皮層で定着してしまったシミや、たるみなどアンチエイジングに効果を発揮する為には、角質層に届くだけではケアしきれません。

多様なニーズに応えるために、浸透力を高める研究が行われて、浸透力を全面に打ち出した化粧品も多くあります。

でも、化粧品のサイトでは「肌の奥まで浸透」などと書かれていても、「※角質層まで」と注意書きがされているのを見たことがあると思います。

これは、薬事法上の表記なのですが、実際には角質層より肌の奥に届ける技術はDDS(ドラッグデリバリーシステム)と呼ばれ、既に存在しています。また、イオン導入で成分を浸透させる方法もあります。

確かに肌の奥まで届くことで効果を発揮することは多いのですが、もともと肌は外部からの汚れや、ばい菌などの侵入を防ぐためにバリア機能をが備わっています。

角質層を超えて侵入してくるものはたとえ良い成分だったとしても、体が「外部から敵が侵入した!」と判断し、使用時のピリピリ感、かゆみや赤みなど、副作用が起こる場合ことがありますので、肌に合わないと感じた場合は使用を控えるなど注意が必要です。

ニキビ肌の保湿化粧品選ぶポイント

基本的には、保湿力の高い成分を配合しているものを選べば良いのですが、メーカー独自の配合を行っていますし、個人差もありますので、使用感やお肌との相性は使ってみないと解らないことも多いです。

ここでは、保湿化粧品選びで注意したいポイントをいくつか解説します。

アルコール・オイルフリー

始めに断っておきますが、全てのオイルが悪いわけではありませんし、アルコールにも肌を引き締めたり浸透を助ける効果があります。

例えば、ホホバオイルや保湿力も高く、皮脂汚れを落とす効果や、ニキビに良い、ビタミンAやE、Dなども含有していてニキビが治りやすいと言われています。また、オリーブオイルを使用してニキビケアをする方法もあります。

しかし、使用には注意が必要なので、ここでは、基本的な考えとして、覚えておいて欲しいことを解説します。

刺激が少ないことが基本

オイルはアクネ菌が繁殖する原因になってしまう場合があります。アルコールはバリア機能が弱っているニキビ肌には刺激が強すぎます。

一番安心なのは、アルコールやオイルを使用しないアルコールフリー・オイルフリーの化粧品か、入っていても少量の化粧品を選ぶようすることです。

医薬部外品

ニキビの炎症を抑えて肌を整えてくれ予防にも良い成分を配合している医薬部外品は、繰り返しニキビができてしまう人にはおすすめです。

ニキビが収まっても予防効果があるので、継続使用して大丈夫なものがほとんどです。

保湿を重要視

ニキビ用の化粧品は、保湿を考えて作られているものがほとんどですが、ニキビの炎症を抑えたり、抗菌しする成分も配合されています。

ニキビには脂性肌の人も多いので、さっぱりした使用感を実現する代わりに、保湿力が弱いと感じることもあるかと思います。

そういった場合は、美容液だけは保湿力の高いものを使用するなどの工夫をして、しっかり保湿することが大切です。

まとめ

あーちゃん
あーちゃん

脂性肌でも肌の奥が乾燥していることがあるなら保湿は大事だね!

つる美さん
つる美さん

乾燥が進んでいない脂性肌の人でも、洗顔後はちゃんと保湿してバリア機能を補ってあげることが重要なのよ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする