鼻の下ニキビの原因と繰り返さない為のスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鼻の下ニキビ

鼻の下にできるニキビは、「繰り返しできやすい」「少なくても目立つ」など嫌なものですよね。

このページでは、鼻の下ニキビのできる原因と繰り返しできないようにするスキンケアなどを紹介します。

スポンサードリンク

鼻の下のニキビの原因

①ホルモンバランスの乱れ

鼻の下にニキビができやすいのは、皮脂腺が多い部分だからです。しかし、皮脂腺が多いからといって、正常な分泌量であれば、ニキビはできません。

10代の思春期ニキビの場合、成長ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されやすくなります。過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まりやすく、鼻の下のニキビの原因になります。

大人ニキビでも、ストレスや不規則な生活などでホルモンバランスが乱れると、皮脂は過剰分泌します。女性の場合は、生理周期でホルモンバランスが変化しますので、排卵後の黄体期にニキビができやすくなります。

②乾燥

男性の場合は鼻の下は髭そりで肌を傷つけやすい場所ですので、ニキビができやすいです。これは、肌が傷つくと、必要な水分を保持するために必要な肌のバリア層が壊れてしまい肌が乾燥するのが大きな原因です。

同様に、女性のでも鼻の下の乾燥により、ニキビができやすくなる場合があります。

誰でも風邪をひいたときに鼻をかんで、鼻の下がカサカサになったことがあると思います。鼻の下はちょっとした刺激でも乾燥しやすいくらい、もともとデリケートな場所でもあります。

乾燥した肌は潤いが足りなくなった状態なので、体が皮脂を分泌するようになります。そうなると過剰な皮脂が毛穴に詰まってニキビができやすくなります。

鼻の下ニキビを治すためのスキンケア

顎やおでこなどよりも、顔の印象を変えてしまう、視線が集まりがちな鼻の下のニキビは、一日でも早く治したいものですね。

ここでは、鼻の下ニキビを少しでも早く治すための方法と、繰り返さないための予防方法を紹介します。

鼻の下ニキビを治すには、洗顔と保湿

鼻の下のニキビを早く治すには、抗炎症成分と保湿成分の入ったニキビケア専用の洗顔料を使用するようにしましょう。

今現在、ニキビができていない場合でも、ニキビ専用の洗顔料を使うことで予防にもなります。

プロアクティブ+

proactivプロアクティブサリチル酸の殺菌防腐作用、角質溶解作用でニキビの悪化の原因になる殺菌の繁殖を防いで、角質を柔らかくしてくれニキビを防いでくれます。

また、天然由来の植物成分をバランスよく配合していて、保湿力も高いので鼻の下ニキビにもおすすめです。

公式サイトはこちら

オルビス クリアシリーズ

オルビスクリアシリーズ

オルビスの「クリアシリーズ」は有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが、ニキビの悪化や肌荒れを防いでくれます。

「100%オイルカット」+「高保湿成分」で安心です。保湿成分は浸透性コラーゲン、ヨクイニンエキスを配合していて、ベタつかずに高い保湿力があるのが特徴です。

お肌のバリア機能をアップして、生理前の周期ニキビや肌荒れのできにくい強い肌へ導いてくれる紫根エキス(シコニン)が配合されています。

トライアルセット「クリアミニセット」は3週間分セットで、安価なので試しやすくて好評です。

公式サイトはこちら

もっと早く治したいなら市販治療薬を

市販の治療薬は、皮膚科で処方されるものよりは効果が弱いものが多いですが、ステロイド軟こうなどは皮膚科でも処方されます。

ニキビは早目の処置ができれば、治るのも早いので、短期間の使用であれば、ステロイドを使用するのも良いでしょう。ステロイドの副作用は、長期使用や広範囲の使用でなければ、それほど心配はいりません。

それでもステロイドは使いたくない場合は、ペアアクネクリームがおすすめです。

ペアアクネクリームW(第二種医薬品)

イブプロフェンピコノール(IPPN)が、アクネ菌によるコメド(白ニキビ)の生成を抑え、炎症(赤ニキビ)をしずめる。イソプロピルメチルフェノール(IPMP)が症状を悪化させるアクネ菌などを殺菌し、吹き出物・ニキビの進行を抑えます。

@ コスメでも評価が高く、大人ニキビを治すのに使用している人も多い人気の治療約です。

ベトネベート

ベトネベートは、ステロイドと抗生物質が配合されていて、ニキビの炎症にも高い効果を発揮します。

ステロイドは長期使用をすると副作用もありますが、炎症を抑える効果は非常に高いです。

長期使用しないことと、広範囲に塗らない事に気を付ければ、すぐに効果を実感できる優れた薬です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*