痛い顎ニキビ・首ニキビ しこりニキビの治し方3ステップ

顎ニキビ

顎や首にできた痛いニキビ。ニキビができるだけでも嫌なのに、痛みも伴えば、憂鬱な気分になってしまいますよね。

痛いニキビは、毛穴の奥で炎症が起きているので、ニキビ跡を残さないためにも早目に対処をしていくことが大切です。

このページでは、顎や首にできやすい、痛いニキビの正体と、自宅できる治し方を解説しています。

痛いニキビはなんでできるの?

顎や首にできやす「痛いニキビ。普通のニキビは痛くなにのに、どうしてできてしまうのでしょうか。まずは簡単にニキビが痛くなるプロセスを説明します。

痛いのは「しこりニキビ」

ニキビと言っても、炎症のない白ニキビや黒ニキビのうちは痛みがありません。

しかし、炎症を起こして赤ニキビになると、触れると痛みを感じる状態になります。

そもそもニキビに触るのはNGなので、気になっても触らないことが大切ですが、触らないでも痛いことがあります。

顎や首のニキビにありがちな痛いニキビは、一般的に「しこりニキビ」や「硬結ニキビ」と呼ばれ、ニキビの炎症が進み、悪化した状態です。毛穴を皮脂が塞ぎニキビができると、皮脂を好むアクネ菌が増殖します。増殖したアクネ菌を抑えようと白血球が働き、最終的に膿になります。

炎症が続けば続くほど、毛穴の壁にダメージを受けるので、痛みを感じるようになってしまいます。

ニキビの芯が見えた状態のものと、見えないものとありますが、芯の見えないもののほうが、より肌の深くで炎症が起こっていると言われています。

ニキビではない場合も

しこりニキビに似ているものとして下記の2つがあります。

  • 粉瘤(ふんりゅう)
  • 毛嚢炎(もうのうえん)

粉瘤は、しこりニキビに似ていて、見分けが付きづらいのですが、皮膚に袋状の嚢胞とよばれるものができて、その中に古い角質が溜まってしまってできる良性腫瘍の1種です。

毛嚢炎は、毛穴の奥の毛包と呼ばれる部分に、ブドウ球菌が感染することで炎症が起こる皮膚病の1種です。初めのうちはニキビのようですが、時間が経つとしこりのような吹き出物になります。

粉瘤とニキビの見分け方

ニキビと小さい粉瘤を見分けるのは難しいですが、「黒い点がある」「しこりがつまめる」「ちょっと大きすぎる」など、いつもと違うと感じたら、皮膚科の診療を受けるようにしましょう。

毛嚢炎とニキビの見分け方

毛嚢炎はかゆみや痛みはあまり伴いません。皮膚が大きく盛り上がるのも特徴ですが、ニキビから毛嚢炎になることもあり、見分けるのは難しいです。数が少ない場合は、肌を清潔に保つことで改善されますが、数が多かったり、長引くようなら皮膚科での診療をおすすめします。

痛い顎ニキビ・首ニキビを治す3ステップ

痛みが出るしこりニキビは、普通のニキビより大きく目立つので、一刻も早く治したいと思います。

しかし、自分でニキビの芯や膿を出すのはNGです。炎症を起こした状態では、逆にばい菌が入って悪化してしまう恐れがあります。

それでは、少しでも早く治すのには、どうすれば良いのか説明します。

①外用薬を使用する

しこりニキビは、毛穴が塞がれてしまっている状態なので、体の内側から改善するのが良いですが、それには時間が掛かります。

長引けば、ニキビ跡の原因にもなりますので、薬を使って対処するようにしましょう。

たこの吸出し

たこの吸出しは、有効成分中に含まれている硫酸銅の腐蝕作用とサリチル酸の角質軟化作用により、塞がってしまった部分を開き、膿を排泄してくれる薬です。

大正2年からある薬ですが、今でもよく利用されている薬です。

患部以外に塗ると良くないので、使用する場合は、使用方法や使用上の注意を良く読んで、使うようにしてください。

ベトネベート

ベトネベートは、ステロイドと抗生物質が配合されていて、アトピーの治療薬として有名です。

ステロイドは長期使用をすると副作用もありますが、炎症を抑える効果は非常に高いです。

長期使用しないことと、広範囲に塗らない事に気を付ければ、すぐに効果を実感できる優れた薬です。

②内側からもケアをする

肌のターンオーバーを促すために、内側からのケアも同時に行うようにしましょう。

具体的にはサプリではなく、医薬品を使用するようにしましょう。
チョコラBBプラス

吸収にすぐれた活性型ビタミンB2が、細胞の新陳代謝を助けてくれるので、しこりニキビも良いです。

小型の錠剤なので飲みやすく、疲れにも効くのでおすすめです。

③根本的な改善をする

薬はあくまで対処法です。ニキビの場合は、放っておくとニキビ跡として残る可能性が高くなってしまうので、対処法も大切ですが、「何度もできてしまう」「なかなか治らない」という場合には、やはり根本的な改善をしていく事が遠回りのようで一番の近道になります。

具体的には下記の2つを行います。

  • ニキビのできにくい生活習慣と食生活に改善する
  • 正しいスキンケア

肌のターンオーバーを正常にする為に、質の高い睡眠や、ストレスと溜めない生活を行うように心がけましょう。また、野菜を多く摂取して、バランスの良い食事、正しいスキンケアが、繰り返しできる顎や首の痛いニキビができない肌にしていく為の根本的な改善方法になります。

当サイトでも、根本的な改善方法については多くのページで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連ページ

まとめ

痛いニキビは「しこりにきび」と呼ばれる、塞がった毛穴の奥で炎症が起き、膿が溜まった状態です。顎や首のニキビはしこりニキビになりやすく、外の部位ではおしりや胸などにもできやすいです。

痛いということは、肌の奥で炎症によるダメージが起きている証拠なので、できるだけ早く対処することが大切です。

痛い顎ニキビ・首ニキビを治す3ステップは、

  1. 外用薬を使用して対処する
  2. 内側からもケアをする
  3. 根本的な改善をする

皮膚科に行ける場合は、皮膚科に行き薬を処方してもらったり、適切な処置をしてもらうのが良いですが、なかなか時間が取れない場合は、今起きている炎症や溜まってしまっている膿を市販薬を使って対処することが大切です。

内側からもチョコラBBプラスなどの医薬品で外側と並行してケアしましょう。

対処は必要ですが、何度も繰り返しできてしまう人やなかなか治らない人は、根本的な改善をしていくように心掛けましょう。

具体的には、下記の2点が重要です。

  • ニキビのできにくい生活習慣と食生活に改善する
  • 正しいスキンケア
つる美さん
つる美さん

自分でケアしても、なかなか治らない場合は、皮膚科に行って適切な処置をしてもらうようにしましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする