生理前のニキビはホルモンバランスの改善で治す

ホルモンバランスの乱れはニキビの元

生理前はニキビや肌荒れが起きやすい期間ですが、毎月のようにできてしまうニキビに悩んでいませんか?

多くの人が憂鬱な気分になってしまう生理前。適切なケアをすることで、ニキビに悩まされないお肌を目指しましょう。

女性なら誰にでも起こり、生理前のニキビの大きな原因の1つ「ホルモンバランス」の変化の仕組みと、それに対応する為のニキビ対策を紹介します。

つる美さん
つる美さん

今日は、顎や口の周りのフェイスラインにできやすい生理前のニキビの原因や治し方について、できるだけ解りやすく説明していきますね。

スポンサードリンク

生理前にニキビができる原因

生理周期の表

生理前にニキビができてしまうのは、この時期のホルモンバランスの変化に大きな原因があります。

女性ホルモンの中でも代表的な「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌量は、上の図のように排卵日の前後で大きな違いがあります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)・・・女性らしい体を作る。子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を助ける。自律神経の調整。骨を強くする。コラーゲンやエラスチンの合成を促す為、美肌ホルモンとも呼ばれる。プロゲステロン(黄体ホルモン)・・・子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を助ける。妊娠の維持。乳腺の発育促進。体内の水分量を保つ。近年の研究では乳がんの抑制効果も認められている。

排卵日を過ぎて次の生理までの期間を黄体期といいますが、この期間には、それまで優位だったエストロゲンが減少し、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加します。

プロゲステロンは男性ホルモンとも似て皮脂の分泌が増える働きがあるので、ニキビができやすくなってしまいます。また体温を高める働きがある為、炎症も起こりやすいと言われることがあります。

さらに、月経前症候群(PMS)もこの期間に起こるように、心も体も調子が悪くなりやすい時期なのです。イライラしてストレスが溜まれば、さらに皮脂が分泌されてしまうという、悪循環に陥りやすい時期でもあります。

あーちゃん
あーちゃん

ちょっと難しかったけど、要は排卵後の黄体期はニキビができやすいんだね。

つる美さん
つる美さん

「基礎体温が高い時期はニキビができやすい」と思って入れば間違いないよ。

生理前にニキビができる人とできない人

ホルモンバランスの変化は女性なら誰でも起こります。しかし、全ての人が生理前にニキビができるわけではありませんよね。それでは、ニキビができてしまう人と、できない人とはどう違うのでしょう。

生理前にニキビができない人

  • 肌がいつも健康に保たれている
  • ホルモンバランスが整っている

この2つが生理前にニキビができない理由です。

黄体期にニキビができない人は、少々大ざっぱな言い方をすれば、ホルモンバランスが乱れにくい体質の人か、スキンケアを含めた肌に良い習慣が身についている人ということになります。

生理前にニキビができてしまう人

逆に生理前にニキビができてしまう人は、体がホルモンバランスの変化に対応しきれていないことが考えられます。

改善には、ニキビのできやすい黄体期を意識しながら、日頃からの生活習慣の改善や、スキンケアを行うことが大切です。

生理前のニキビの治し方

  • 生活習慣の見直し
  • 日頃のスキンケア
  • メイクにも気を付ける

多くの場合、この3点で生理前のニキビを改善することができます。

①日頃からのスキンケアと生理前のケア

ニキビができやすい生理前だけなく、日頃からのスキンケアも大切です。もともと肌のターンオーバーが正常ではない状態の場合、ホルモンバランスに大きな変化が生じる生理前に、ニキビという形となって現れていることがあります。

月経期・・・乾燥しやすいので、保湿をしっかりしましょう

卵胞期・・・お肌の状態が一番良い時期。ピーリングなど角質ケアを行ったり、新しい化粧品を試したりするには、この時期が一番です。

黄体期・・・皮脂の分泌が増えますが、皮膚の奥では乾燥が進んでいます。オイリーな化粧品はなるべく避けながら、保湿はしっかりと行うようにしましょう。

黄体期は前期より後期のほうがお肌の状態が悪くなりやすく、ニキビもできやすいといわれています。お肌の調子が悪くなってからケアするのではなく、日頃から生理周期の特徴に合わせたニキビケアを心がけましょう。

②生理周期に合わせて生活習慣を改善

卵胞期はお肌の調子が良くなる時期ですから油断しがち。生理前だけでなく、この時期から、質の良い睡眠、過度にストレスを溜めないなど、お肌に良い生活習慣を心掛けてください。

ニキビができる黄体期になってから、意識することが多いかと思いますが「前倒し」で意識することで、ニキビのできない体質を目指すようにしましょう。

その上で、生理前には脂っこいものは避けて、ビタミン(特にビタミンB群)を積極的に摂るようにしましょう。

良質な睡眠は、お肌が不調になってから急に意識してできるものではありません。ニキビができる前から意識的に「夜更かしをしない」、「寝る前に食べない」など意識していくことで、徐々に「習慣づけ」することが大切です。

③生理前のメイク

メイクはお肌に負担を掛けにくいものを使うようにしましょう。ニキビができてしまった場合は、カバー力の高い化粧下地を選びたくなりますが、肌への負担は大きくなってしまいます。

できれば、角栓ができないくい処方がされている「ノンコメドジェニック」の化粧下地を使うと良いでしょう。

ファンデーションは、無香料・無着色でオイルフリー、パラペンフリーのミネラルファンデーションがおすすめです。天然素材でお肌に優しいですし、クレンジングを使わずに石鹸で落とせるので、お肌に余計な負担を掛けずに済みます。

また、ミネラルファンデーションはブラシを使うものが多いですが、毛先で刺激を与えないように寝かせて使うなど工夫してください。スポンジパフを使用する場合は、肌に当たる部分を清潔に保つために、使い捨てのものがおすすめです。

まとめ

生理前のニキビの大きな原因の1つはホルモンバランスの乱れ。生理前はプロゲステロンが優位になることでニキビができやすい

  • 皮脂が分泌されやすい
  • 肌の内側は乾燥している
  • イライラしやすい(ストレスが溜まりやすい)

生理前のニキビの治し方

①生理周期に合わせたスキンケアが大切

  • 月経期・・・乾燥しやすい。しっかり保湿を。
  • 卵胞期・・・お肌の調子が良いからといって油断は禁物。角質ケアなどのスペシャルケアはこの時期に。
  • 黄体期・・・皮脂の分泌が増え、肌の内部は乾燥気味に。心身ともに不安定な時期。オイリーな化粧品を避けて保湿をしっかりと。

②生理周期に合わせた生活習慣が大切

  • お肌の調子が良い時期から「質の良い睡眠」や「ストレスを溜めない生活」を心がける。
  • 生理前は脂っこい食べ物は避け、ビタミンB群を意識的に摂る。

③メイクにも気を使う

生理前にはできるだけお肌の負担を考えたメイクを。ノンコメドジェニック処方の化粧下地や、ミネラルファンデーションがおすすめ。正しい洗顔も重要。

あーちゃん
あーちゃん

生理前にできるニキビの原因と対策方法は解ったけど、ちょっと面倒くさい・・・

つる美さん
つる美さん

「全部完璧にしよう」と思ってもなかなかできないものだから、ちょっとずつできるところからでいいんだよ!

あーちゃん
あーちゃん

うん!私は夜更かしが好きだから、まずは少しだけ早くベッドに入れるように気を付けてみるね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする