ニキビに効く化粧水~プチプラでも評判の良いニキビケア化粧水を紹介

プチプラでも評価の高いニキビケア化粧品

「ニキビに効く化粧水が欲しい!」でも、「高いのはちょっと・・・」という人も多いのではないでしょうか。

ニキビが、頻繁にできてしまう人は、お値段が高いと使い続けるのが大変ですし、頻繁にはできないけど、たまにできるんだよなぁという人は、「もっと手軽なプチプラ化粧水が欲しい」と思うのは当然かもしれません。

このページでは、ニキビに効く化粧水の条件と、条件を満たすプチプラ化粧水を紹介しています。ぜひ、参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

ニキビに効く化粧水~プチプラ編

プチプラで購入できるおすすめのニキビケア化粧水を紹介します。選定する条件等は、このページの下部に記載してありますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。

本品がプチプラなものも紹介していきますが、さらにお得に試せるトライアルセットで紹介していますのでご了承ください。

オルビス クリアローション

オルビスクリアシリーズ

『オルビスクリアシリーズ』は、「肌のバリア機能を高めること」をコンセプトに作られている化粧品ですので、肌を柔らかく保ち、角栓を作らせないニキビ予防にもおすすめです。

独自のディープデリバリー処方で、浸透力を高め、有効成分グリチルリチン酸ジカリウム(甘草由来)がニキビや肌荒れの炎症を抑えてくれます。

保湿成分は浸透性コラーゲン、ヨクイニンエキスを配合していて、ベタつかずに高い保湿力があるのが特徴です。

お肌のバリア機能をアップして、ぷるぷる肌に導いてくれる紫根エキス(シコニン)も配合されています。

100%オイルカット、パラペンやエタノールなどのアレルゲンになりがちな成分も最低限の配合に抑えられていますので安心です。

種類と容量使用期間価格
ボトル入り(180ml)約2か月(ティースプーン半分)1,500円(税込1,620円)
つめかえ用(180ml)約2か月(ティースプーン半分)1,300円(税込1,404円)
トライアルセット(40ml)約2週間分1200円(税込み1296円)

ニキビケア用で評判の良い化粧水の中でも安価なオルビスは、無理なく続けられるのでおすすめです。

トライアルセット「クリアミニセット」は3週間分の3ステップのセット(洗顔料・化粧水・保湿液)で、さらにお得に長期間試すことが可能です。

詳細を見る

ルナメアACスキンコンディショナー

ルナメアAC
ルナメアACは、富士フィルム独自技術で「アクネシューター」毛穴の油分に有効成分が馴染みむように作られています。

有効成分の、グリチルレチン酸ステアリル(グリチルリチン酸ジカリウムをより強力にしたもの)、トコフェロール酢酸エステル(天然ビタミンE=うるおい成分)をナノ化してあるので浸透力が高いのが特徴です。

その他にもうるおい成分のセイヨウナシ果汁発酵液、ヒオウギ抽出液、ビルベリー葉エキス、アーティチョークエキスなども入っていて、高い保湿力が評判の化粧水です。

ノンコメドジェニックテスト済無香料、合成着色料不使用と安心して使えるのも良いです。

種類と容量使用期間価格
ボトル入り(120ml)約1.5か月(ティースプーン半分)2,138円(税込)
トライアルセット(化粧水は30ml)約1週間分1080円(税込)

トライアルセットは、クレンジング、洗顔料、化粧水(ノーマルタイプ30ml)、化粧水(しっとりタイプ6ml)、ジェルクリームのセットで、お得にライン使いを試すことができます。

詳細を見る

ニキビに効く化粧水の条件

このページで紹介した「ニキビに効く化粧水」は下記の2つのポイントをクリアしているものです。

  • ニキビの炎症を抑えてくれる化粧水
  • ニキビを予防してくれる化粧水
  • 保湿力がある化粧水
  • ニキビの悪化を招く成分が入っていない化粧水

かつ、このページではプチプラが条件ですから、お値段が比較的安いにも関わらず、評判の良い化粧水ということになります。

ニキビに効く化粧水の成分は

ニキビの炎症を抑えてくれる成分で有名なのは『グリチルリチン酸ジカリウム(ニカリウム)』です。甘草由来の成分で、多くのニキビケア化粧品に配合されています。

次に挙げられるのは『サリチル酸』です。角質を薄く柔らかくする作用があり、有効成分や保湿成分などの浸透力を高めてくれます。また抗菌・殺菌作用もあることから、ニキビケア化粧水にも配合されます。

他には、ビタミンCの吸収率と浸透力が高い『ビタミンC誘導体』も人気があります。ビタミンCは皮脂分泌を抑制してくれ、ニキビの改善や予防に効果を発揮します。その上、メラミン色素の還元作用もあるので、高い美白効果から、ニキビ跡対策としても有効です。

ニキビを予防してくれる化粧水

ニキビを予防すると言う意味ではも、「グリチルリチン酸ジカリウム」や「サリチル酸」のような抗炎症作用や抗菌作用のある成分が配合されていたほうが良いです。雑菌の繁殖やニキビの炎症を起こさせないようにしてくれるので、ニキビ予防にも効果があります。

ただ、十分なうるおいが保持され、バリア機能が正に機能し、肌のターンオーバーの乱れがなければ、ニキビができることも滅多になくなります。そういう意味では、浸透力があり、しっかり保湿ができることが重要になります。

保湿力がある化粧水

上記と内容が被りますが、保湿力が高いということは、肌のバリア機能を補ってくれます。ニキビケアでは、皮脂を気にすることが多いため、使用感が「さっぱり」したものを選びがちですが、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」と選べるような場合は、保湿力が高い「しっとりタイプ」をおすすめします。

一見、乾燥していないように見えても、肌の奥で乾燥が進むインナードライになっている事も多いです。大人ニキビの原因で多いのが「乾燥」なのは、生理前に肌荒れが起きやすいことを考えれば納得がいくのではないでしょうか。

また、脂性肌の人も、テカリが気になって、洗顔回数が多くなってしまっている場合や、保湿ケアを怠っている場合は、インナードライになっている可能性が高いと言われています。

したがって、保湿力の高さも、ニキビに効く化粧水の重要な条件になります。

ニキビの悪化を招く成分が入っていない化粧水

油分が多い化粧水や、アルコール成分が多い化粧水は、ニキビを悪化させてしまう恐れがあります。

もちろん、全てが悪いわけではなく、個人差あります。例えばニキビに効くと評判があるオリーブオイルが配合されている化粧水などは、効く人もいる反面、あまり合わずかえって悪化する人もいます。

安心して使用するには、ニキビができやすくなる成分が入っていないかチェック済の「ノンコメドジェニック」や、油分・アルコール成分に配慮されて製造されている化粧水を選ぶようにしたいところです。

プチプラであること

滅多にニキビができない人にとっても、頻繁にできてしまう人にとっても、プチプラで試しやすい価格のニキビケア化粧水のほうが使用しやすいのは間違いありません。

一方で、高価な製品には、美容成分が豊富に配合されていたり、高価な成分が使用されていて、高いだけの効き目を実感できることもあります。

高いものでも、安いものでも、プチプラで試すには、トライアルセットを使用することをおすすめします。トライアルセットは、肌に合うか合わないかを試したり、使用感を試すためのものですが、本品を買うよりかなりお安く済みますし、軽いニキビであれば、トライアルセットを使い切る前に効果を実感できることもあります。

反対に、大量にできたニキビや、症状のひどい場合は、まずは皮膚科で治療を受けるべきです。その上で、自宅でできるニキビケアとして、医薬部外品の化粧品を使用するのがベストな選択と言えるでしょう。

まとめ

ニキビケアの化粧水を使用することは、ニキビを治していく上でも大切なことと言えますが、根本からニキビを改善していくには、スキンケアと同時に、生活習慣や食習慣の見直しも必要です。

当サイトでも多くの情報を掲載していますので、ぜひ参考にしていただいて、ニキビの改善にお役立ていただければ幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする