30代 ニキビが治らないなら睡眠と腸内環境を整えよう

30代はニキビが治らない?

「30代になってニキビが増えた」「30代になってからニキビが治らない」という方は意外と多くいらっしゃいます。

20代でも30代でも思春期ニキビでなければ、「大人ニキビ」と一括りに言われることの多いですが、20代と30大では、どのような違いがあるのでしょうか。

このページでは、30代でニキビが治らないという人が、ニキビを治す為に実践して欲しい情報を掲載しています。

スポンサードリンク

30代のニキビの原因は複合的

ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れや、誤ったスキンケアからくる皮脂の過剰分泌と、肌のターンオーバーの異常から起こります。

30代では、20代より新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが遅くなります。また仕事や子育てなどのストレスもニキビを作る原因になります。

また、長年誤ったスキンケアを行っていた人は、敏感肌になってしまったり、見た目はそうでもなくても肌の内部が乾燥するインナードライと呼ばれる状態になってしまっていることも考えられます。

肌のターンオーバーはが遅くなるだけならまだしも、必要以上の洗顔など誤ったスキンケアを続けることで、肌のターンオーバーが早くなってしまっている人も多く、一概にニキビの原因を特定することは難しいです。

しかも、多くの原因が複合的に絡み合って、ニキビが治らない状態になっていれば、ニキビケア用品を使用したからといって、症状が改善しないということは多いに有り得ます。

また、肌と内臓、特に腸の健康とは多いに関係があります。不規則な食事や偏った食事などを長年に渡って続けてきた結果、腸内環境が悪化して、便秘になったり肌荒れが起こるようになる人も多いです。

生理前のホルモンバランスの乱れによる周期ニキビの場合は、エストロゲンが優位になる生理後になれば肌の状態はよくなりますが、生理に関係なくニキビができる場合や、常に便秘や肌荒れが起きやすい人は、ニキビが治りづらいことが多いでしょう。

30代のニキビを治す為に実践して欲しい

原因が複合的に存在することをお解りいただけたところで、30代の治らないニキビをどうやって改善していくかを解説していきます。

  • 質の高い睡眠を心がける
  • 腸内環境を整える
  • 正しいスキンケアを身に着ける
  • 正しい食生活を身に着ける

原因になり得る要素を1つずつ対策していくことが大切ですが、良いとされるスキンケアを行ってもなかなか治らないという人は、生活習慣の見直しをすることが近道になる場合も多いです。

質の高い睡眠を心がける

ニキビに限らず、肌にとっても健康にとっても、睡眠は非常に重要です。いくら熱心にスキンケアを行ったところで、質の高い睡眠にはかなわないと言えるほど、睡眠だけは気を配るようにして欲しいと思います。

質の高い睡眠をするのに大切なのは、「朝日を浴びること」「夕方からカフェインを摂らないこと」「睡眠3時間前からは食事をしないこと」「夜はできる限りブルーライトを浴びないこと」などが挙げられます。

また、眠る時間、起きる時間を規則正しくすることで、自然と決まった時間に眠くなるのが人間の体です。不規則な睡眠は眠りにつきづらくなりますし、深い睡眠も得づらくなりますので、決まった時間に寝るように心がけましょう。

そんなこと言っても、すぐにはできないよと言う方は、まずは「起きる時間を決める」ようにしましょう。何時までに寝なければいけないと思うとプレッシャーで寝付けなかったりしますが、起きる時間は目覚ましを掛けるだけなので、規則正しく起きることは比較的習慣にしやすいでしょう。

人間の体は、朝日を浴びるとメラトニンが抑制されて覚醒します。そして、朝日を浴びてから15~16時間ほどでメラトニンが分泌されるようにできています。

自然の成り立ちにはかないませんので、朝日を浴びて夜にメラトニンを分泌させることが、睡眠にとっては一番重要なことでもあります。

腸内環境を整える

肌の疾患は、アトピー性皮膚炎を代表するように、ニキビよりも症状のひどいものも沢山あります。それら全てに共通する原因と言われているのが、腸内環境です。

現代人の食事は、腸に負担が大きいと言われています。欧米化した現代の食事や、必要以上の量を食べていると、腸は常に消化にエネルギーを使い疲弊した状態になってしまいます。

食べる量を減らすことと、寝る前の食事を辞めることで、腸の負担を減らすようにしましょう。

また、腸内フローラという言葉が最近よく使われますが、腸にいる善玉菌が悪玉菌が増えることで十分に活躍できない状態になっていることがあります。

腸内にいる善玉菌で有名なのはヨーグルトを代表とするビフィズス菌ですが、ヨーグルトを食べてもなかなか増えることはないと言われています。

ではどうやって腸内環境を整えれば良いのかと言うと諸説があり、一概にこれという結論は言えませんが、良いとされるものを紹介します。

ビオスリー

整腸剤ですが、活きている3つの細菌(糖化菌・乳酸菌・酪酸菌)を組み合わせることで、腸内フローラを整えてくれます。ビオスリーはビフィズス菌のエサにもなるので有益です。

ニキビの治療で抗生物質は善玉菌を死滅させてしまいます。ニキビの炎症を抑えるためには仕方ないですが、腸内環境は悪化します。そこで抗生物質と一緒に飲むケースも多いです。

また、腸は長いため、酸素濃度も違えば棲んでいる最近の種類も違いますが、3つの細菌を組み合せることで、どのような環境でも善玉菌が活躍してくれます。

ビオチン

ビオスリーはおすすめですが、ビオスリーで増えたビフィズス菌の中には、ビオチンをエサにする種類もあるようです。一緒にビオチンも摂ればその心配もクリアできます。

また、ビオチンは毛細血管を丈夫にして血流を増加させることで、皮膚の生成を促します。ビオチンが働くためにはマンガンが必要ですが、カルシウムを摂りすぎている場合、マンガンが不足するので注意が必要です。

正しいスキンケア・正しい食生活

正しい洗顔やスキンケア、正しい食生活も、ニキビを根本的に治すためには大切な要素になります。洗顔については、下記のページに詳しく掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

ニキビに良い食事は、規則正しい食生活と、脂っこいものを避け、肌に良い栄養素を摂ることです。詳しくは下記のページを参照してください。

まとめ

30代でニキビが治らないという人は、スキンケアだけではなく生活習慣、食生活など、ニキビを根本的に治す為の習慣を心がけるようにしましょう。

ニキビは、肌に良い生活をすることで、劇的に改善することも多いです。ちょっとしたニキビであればスキンケアだけでも改善できますが、治らないニキビの場合、ニキビができる原因そのものを対策しなければ、なかなか治らない可能性があります。

つる美さん
つる美さん

なかなか根気がいることではありますが、悩みの解決に向けて、少しずつ頑張っていきましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする