頭皮ニキビにおすすめのシャンプー 合成界面活性剤は頭皮に悪影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
頭皮ニキビにおすすめのシャンプー

頭皮のニキビの原因はシャンプーだけではありませんが、シャンプーを替えただけで治ってしまうこともあるため、まずは使っているシャンプーを替えてみることをおすすめします。

シャンプーを替えただけで治ってしまえば良いですし、仮に治らなかったとしても頭皮に負担の多いシャンプーを使用し続けることは頭皮にニキビができるような人におすすめできるものではありません。

このページでは、頭皮のニキビに良いシャンプーの紹介や、なぜ普通のシャンプーが頭皮のニキビに悪影響なのかを解説していますので、参考にしてください。

スポンサードリンク

頭皮ニキビにおすすめのシャンプー

頭皮のニキビにおすすめのシャンプーは、

  • ノンシリコンシャンプー
  • 天然界面活性剤使用のシャンプー
  • 保湿成分が入ったシャンプー

この3つのポイントを満たしたものです。

シリコンや、石油系界面活性剤使用のシャンプーが何故、ニキビに良くないかは、ページ下部に詳しく解説していますので、知りたい場合は参考にしてください。

とにかく、不要な汚れや皮脂は取り除きながらも、頭皮に負担をかけず、頭皮を正常な状態にすることが大切ですので、それが実現できるシャンプーが頭皮のニキビにおすすめのシャンプーということになります。

シンプリッチ

シンプリッチ

シンプリッチは、無添加で弱酸性、アミノ酸系界面活性剤の肌に優しいノンシリコンシャンプーです。

着色料・合成香料・鉱物油無添加で赤ちゃんにも使えるほど、安心に拘ってつくられていますので、肌の弱い人にもおすすめできます。

特にシンプリッチの良いところは、下記の3点です。

  • 保湿力がとにかく高い
  • 全身にも使える
  • 髪がギシギシしない

保湿力の高さは一度使えば解るほどです。洗い流しても頭皮や体に保湿成分が残って、お風呂上りもしっとりです。髪の毛を洗っただけでも背中までヌルヌルするほど。もちろん乾くとサラッとします。

顔にも体にも使用可能なので、これ1本で済ますことも可能です。香りも柑橘系とラベンダーっぽい香が混ざった感じで、リラックスできます。

泡は通常の石油系界面活性剤使用のシャンプーのようには泡立ちませんが、ネットで泡立てれば大丈夫。かなりもこもこの泡になりますので、しっかり泡立てて使うようにしましょう。

価格2980円(税別・送料630円)
定期購入(1本)1490(税別・送料630円)2回目以降2831円(税別・送料無料)
定期購入(2本)2980円(税別・送料無料)2回目以降5662円(税別・送料無料)
容量 310ml

定期購入だと初回が半額になります。いつでも解約は可能なのでお安く試すことができます。

公式サイトはこちら

Mogans

morgans
mogansは、@コスメなどでの評価が高い、ノンシリコンシャンプーです。

20種類の植物由来のアミノ酸成分で髪と頭皮を優しく洗い上げてくれます。

徹底的に低刺激成分にこだわり、ベビー用シャンプーにも配合されるヤシの実由来の洗浄成分を使用。

洗浄力が弱い石油系界面活性剤不使用のシャンプーの割には洗浄力が高いです。

保湿力に優れたバオバブ種子油を使用し、不飽和脂肪酸、ビタミン群が豊富に含まれています。

価格シャンプー+コンディショナー(計2本)3800円(税別・送料540円)
容量各300ml

公式サイトはこちら

頭皮に悪影響を与えるシャンプー

市販で一番多いタイプのシャンプーは「石油系合成界面活性剤」という界面活性剤を使用しています。

界面活性剤は、水と油を混ぜるためには必要なもので、洗浄剤であれば基本的に不可欠なのですが、こと、石油系合成界面活性剤を使用しているシャンプーは肌に負担が大きいと言われています。

石油系合成界面活性剤が頭皮に悪い理由

石油系合成界面活性剤は、洗い流しても皮膚に残留します。皮膚の角質には角質細胞間脂質と言われる天然の保湿成分が存在していますが、この天然保湿成分が存在する角質細胞と角質細胞の隙間に、石油系合成活性剤が残留してしまいます。

お皿を洗う合成洗剤が、河川の環境を著しく悪化させてしまうのはご存じだと思いますが、なかなか分解されず残ってしまうことが問題なのです。

シャンプーの界面活性剤と、お皿を洗う洗剤と同列に話すことは少々横暴ですが、それでも肌に良くない石油由来の成分が、肌の細胞と細胞の間に長く残留し、それも毎日のように蓄積されていけば、頭皮にとって悪影響を及ぼしてしまうことは容易に考えられることではないでしょうか。

また、頭皮の環境には必要な皮脂は残せるやさしい洗浄成分で十分なのですが、合成界面活性剤は、洗浄力が強すぎるので、必要な皮脂まで洗い流してしまうリスクもあります。

必要な皮脂がなくなれば、体は皮脂が足りないので皮脂を出そうとします。脂漏性皮膚炎などの原因とも言われていますが、強い洗浄力のシャンプーを使うということは、ニキビの原因となる皮脂が増えることをわざわざ行うようなものです。

もちろん、頭皮にもなるべく負担が掛らないように考えられてはいるものの、頭皮にニキビができる人は、頭皮が正常な状態ではないわけですから、少しでも頭皮の環境に悪いシャンプーは遠ざけたほうが良いでしょう。

石油系合成界面活性剤が使われる理由

それでは、なぜ肌に悪影響がある石油系界面活性剤が使用されるのでしょう。

それは、天然の界面活性剤より安価に製造でき、かつ安定していて高い機能性を維持することが容易だからです。天然の界面活性剤は、酸化しやすく不安定で大量生産には向かないため、広く普及したシャンプーは石油系界面活性剤を使用しています。

はじめは、ラウリル硫酸ナトリウムと言われる刺激や毒性があり、肌の奥まで浸透しやすい石油系合成界面活性剤が多く使用されていましたが、今のシャンプーは「ラウレス硫酸ナトリウム」という、浸透力が弱いものになっていることもあって、昔よりは肌への影響は少なくはなっています。

しかし、頭皮にニキビができる人の中には、脂漏性湿疹だったり、乾燥してバリア機能の低下した頭皮の人も少なくはないでしょう。そういう人の場合、浸透して欲しくない刺激のある成分が浸透しやすくなってしまっています。

もし、多少でも毒性のある成分が、肌の奥深くに浸透してしまっていることを考えればゾッとしますよね。健康な頭皮の持ち主であればすぐに異変が起こるような心配はないでしょうが、肌の状態によっては石油系合成界面活性剤の影響が強いケースがあります。

実際にシャンプーを替えればすぐ解ります

頭皮のニキビがすぐに治るかどうかは、人によっても違いがありますが、シャンプーを天然の界面活性剤に替えて使ってみれば、その違いを簡単に感じるかと思います。

特に実感しやすいのは、かゆみではないでしょうか。刺激が強く乾燥を招きやすい石油系界面活性剤と違って、アミノ酸系の界面活性剤を使用したシャンプーを使うだけで、毎回シャンプーのたびにかゆくなった頭皮のかゆみを一切感じなくなる人も多いです。

石油系合成界面活性剤の成分

石油系合成界面活性剤は、下記のものが挙げられます。

  • スルホン酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • パレス-3硫酸ナトリウム
  • パレス-3硫酸アンモニウム
  • キシレンスルホン酸アンモニウム
  • イソステアリン酸PEG-4
  • オクトキシノール~
  • オレイル硫酸TEA
  • オレス~
  • カルニチン~
  • ココイル加水分解~

全てを挙げるわけにもいかないので、代表的なものにとどめましたが、実際には、もっと多くの種類の石油系界面活性剤があります。

シリコンも頭皮に良くない

さらには、髪の毛をコーティングして、ツヤやハリのある美しい髪の毛に見せてくれるシリコンも、頭皮には悪影響です。

シリコンは1種のコーティング剤なので、毛穴を詰まらせてしまうリスクがあります。最近では髪の毛に悪影響もあるということで、ノンシリコンのシャンプーも人気が出ていますが、頭皮のニキビを改善したいのであれば、毛穴に詰まる恐れのあるシリコンの入ったシャンプーも避けるようにしましょう。

市販のシャンプーはごまかしが多い

気軽にドラックストアで買いたいし、値段も安いに越したことはないかと思います。ただ、市販のものは「ノンシリコンシャンプー」と謳って髪の毛に良いと宣伝する割に、石油系合成界面活性剤を使用していたり、反対に、「アミノ酸系の優しい成分のシャンプー」と謳いながら、シリコンを配合していたりと、頭皮に良いとは限らないので注意が必要です。

洗いすぎにも注意が必要

洗浄力の強い、合成界面活性剤のシャンプーで、毎日のようにシャンプーしていれば、頭皮に必要な皮脂が足りなくなることは充分予想できます。

必要な皮脂を残すには、髪の毛を洗うにしても、シャンプーを使う回数を減らすなども有効です。最近では湯シャンなど、シャンプーを使わないで汚れだけ適度に落とす方法も注目を集めています。

汚れは毎日取り除いて清潔にするほうが良いとも言われますが、特に頭皮の乾燥や、脂漏性皮膚炎などの場合は、シャンプーを使う回数を減らすだけでも効果が出るケースもあるようです。

頭皮の状態も人によって違うので極端なことはおすすめできませんが、まずはアミノ酸系のノンシリコンシャンプーに替えてみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*