弱酸性の石鹸のデメリット。石鹸を使うなら弱アルカリ性がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
弱酸性石鹸のデメリット

弱酸性の石鹸は、肌と同じ弱酸性ということで、肌に優しく肌の健康を保つと言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか。

このページでは、弱酸性の石鹸と弱アルカリ性石鹸、どちらのメリットもデメリットも解るように解説しています。最後までお読みいただければ、自分の肌に合わせて、どのような洗顔料を選んでいけば良いのか解るように解説していますので、参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

石鹸ってどんなもの?

まず石鹸とはどんなものなのか定義を知っておきましょう。

石鹸は、動植物の油脂をアルカリで煮ることで作られたものです。

大きく分けて2種類の石鹸があります。

ソーダ石鹸(脂肪酸ナトリウム)・・・油脂を苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)で煮て作られた石鹸で固形石鹸や粉石鹸になります。

カリ石鹸(脂肪酸カリウム)・・・油脂を苛性カリ(水酸化カリウム)で煮て作られた石鹸で、液体石鹸になります。

「アルカリで煮る?」と思った人もいるでしょうね。そう、石鹸は苛性ソーダか苛性カリをアルカリで煮たものなので、全てアルカリ性です。

弱酸性石鹸とは?

それでは、弱酸性石鹸って何?と思った人も多いかと思います。弱酸性石鹸とよばれるものは、石鹸の定義とは外れていて、「界面活性剤を固めたもの」です。また固めない液体のソープや洗顔フォームなどを指すこともあります。

肌が弱酸性なことに商機を見出したのか、とある企業が、「肌と同じ弱酸性なので優しい」と宣伝し弱酸性のボディーソープなどを販売しだしたことがきっかけで急速に広まり、今では多くの商品が弱酸性を謳って販売されています。

人間の肌は弱酸性で保たれていて、そのことで害のある細菌が繁殖するのを防ぎます。また、弱酸性で保たれることで弱酸性の肌に棲む常在菌が活躍し、雑菌の侵入や繁殖を防いでくれます。つまり、肌は弱酸性を保つことで健康を保っているのです。

肌と同じ弱酸性の石鹸は、肌を弱酸性に保ったまま洗浄できるので、肌に優しいという理屈になります。

弱アルカリ性の石鹸は肌とは違う性質なので、肌の状態によっては使用時にピリピリするなどの違和感を感じることがありますが、弱酸性石鹸の場合は、肌と同じ弱酸性なので、刺激を感じないです。

ここまでお読みになった方は、「弱酸性石鹸」は「弱アルカリ性石鹸」より良いものだと感じたかもしれませんね。

しかし、弱酸性石鹸にはデメリットが存在します。

弱酸性石鹸の界面活性剤は肌に残る

洗浄成分には、界面活性剤と呼ばれるものが入っています。界面活性剤は油と水を馴染ませ、汚れを落とすために配合されていますので、石鹸には必要なものです。

しかし、界面活性剤は水質汚染の元ともなっているのを考えれば解るでしょうが、その性質が長く続いてしまいます。

もちろん、ほとんどは洗い流されますが、肌についた界面活性剤は角質層の角質細胞と角質細胞との間の角質細胞間脂質という部分にくっついて残ってしまいます。

そのため、肌に悪影響があると言われていますが、アルカリ性の石鹸は、洗い流すと同時にアルカリ性の性質と同時に界面活性剤としての性質も消えてくれます。

そのため、肌に悪影響のある界面活性剤が唯一肌に残らないのです。

界面活性剤にも種類がある

界面活性剤には、大きくわけて「石油系界面活性剤」と「アミノ酸系界面活性剤」とがあります。このうち特に市販の多くのボディーソープや洗顔料に含まれる界面活性剤は、石油系界面活性剤です。

石油系界面活性剤は、「高級アルコール系」と「石油系」に分けられますが、どちらも成分としては安価で安定した性質もあるため、大量生産に向いています。

しかし、刺激が強く肌にとっては悪い影響が指摘されています。もちろん、洗顔料に含まれている界面活性剤は、肌への影響に配慮をされていますが、バリア機能の弱い敏感肌や乾燥肌、ニキビ肌の人は肌荒れなどが起きやすくなる可能性があります。

角質の細胞間脂質に残留してしまい長らく界面活性剤の性質が残ってしまうのであれば、使い続ければ肌のターンオーバーを早めてしまうなど悪影響が出ると言われるのも納得です。

それじゃぁ弱アルカリ性の石鹸が良いの?

弱アルカリ性の石鹸だけが、界面活性剤の性質を残さず、しかも洗い流せば肌は弱酸性に戻るのであれば、肌に一番良い洗顔料は、弱アルカリ性の石鹸ということになります。

しかし、弱アルカリ性の石鹸は、肌と違うphなので、刺激が強いという面があります。また、洗浄力があるため、皮脂を落とし過ぎてしまい、乾燥してしまう人もいます。

結論を言えば、「ある程度健康な肌」の人は、弱アルカリ性の石鹸が一番肌の負担が少なくおすすめです。

敏感肌や乾燥肌の自覚がある人や肌に炎症性のニキビ(赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビ)がある方は、弱アルカリ性の石鹸の使用は慎重にするべきです。

結局、どうすれば良いの?

結局、どうすれば良いのかをお伝えします。

  • 肌がある程度健康な人・・・弱アルカリ性の石鹸で炎症性のニキビがない人
  • 敏感肌・乾燥肌の自覚がある人・・・洗顔料は使わないか、アミノ酸系界面活性剤使用の洗顔料

赤ニキビなどの炎症性のニキビがある人の場合、ニキビケア用の洗顔料を使用するのと良いですが、肌が弱い人ほど、界面活性剤の種類には気を配るようにしましょう。

また、肌荒れがひどい場合などは、洗顔料を使用しないでぬるま湯のみの洗顔をすることをおすすめします。肌の状態を観察しながら、調子が良くなったら、アミノ酸系界面活性剤を使用した優しいタイプの洗顔料を使用するなど、工夫をしていくことが大切です。

また、敏感肌・乾燥肌や・ニキビが良くできる場合は、洗顔料は夜だけ使用するなど極力肌に負担が掛らない洗顔をしていきましょう。

ニキビケアの洗顔料選びは、下記のページも参考にしてください。

ニキビの洗顔料は口コミで選ばない。自分に合った洗顔料の見つけ方

洗浄力の弱い石鹸もおすすめ

サッポー

サッポーを販売するサッフォ化粧品は、古くから弱アルカリ性の洗浄の低い石鹸を販売してきた会社です。洗浄力が弱く肌に負担を掛けず、肌が育つ邪魔をしないので、敏感肌の人が本来の肌が持つバリア機能や正常なターンオーバーを取り戻すにはベストな選択だと考えます。

わざわざ洗浄力を落として肌の健康を重視した商品は珍しく、また自社の製品を販売したいだけなら、出さなくても良い情報もサイト内に記載する真面目な会社なので、その点も信頼度が高いです。

敏感肌や乾燥肌でニキビに悩んでいる人は、下記のページも一度読んでいただければ嬉しいです。

洗浄の完成度は80点くらいになりますが、肌が育つ洗顔の合格点を60点とすれば、敏感な肌にとってはこの方法がベストな選択となります。敏感さが日々少しずつ改善していくようになります。

サッポーが石けんの良さを強調すると、「どんな時も石けんが最高!」…と思い込む方がいます。石けんの良さにこだわると、こだわりが作る落とし穴にはまるリスクが高まるだけです。

引用:http://sappho.jp/wp/kougi/kougi_289.html

洗顔キャンペーンページから購入すれば、クレンジングクリームとピュアマイルドEXソープのセットが1600円で購入できます(通常4800円)ので、一度試してみることをおすすめします。

公式サイトはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。弱酸性だから肌に良いのではないけれど、全ての人に弱アルカリ性の石鹸が良いというわけでもないことをお解りいただけたかと思います。

洗顔料の見直しをするのであれば、まずは下記の基準からスタートしてみると良いでしょう。

  • 健康な肌の人・・・弱アルカリ性の石鹸(界面活性剤の肌への残留がない・洗浄力が強い)
  • 肌は弱くなくニキビができる・・・アミノ酸系のニキビ用洗顔料(石油系合成界面活性剤より肌への刺激が少ない・洗浄力が弱め)
  • 敏感肌・乾燥肌の自覚がある・・・ぬるま湯のみorザッポーのような洗浄力の弱い洗顔石鹸(洗浄としては80点だが、肌本来の力がつく)
  • 石油系界面活性剤の洗顔料・・・危険のないように作られているが角質細間胞脂に界面活性剤が残留し、肌のターンオーバーを乱す恐れがあるので、肌の弱い人やニキビにはおすすめできない。

洗顔料は肌質やニキビの状態によっても選び方が変わってきます。「これを使えばOK」というような単純なものではなく、毎日の洗顔の中で、肌の状態を確認しながら工夫することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*