黄ニキビは潰しても良い?早く治すには皮膚科がベスト?

黄色ニキビ

黄ニキビは、とても目立ちますし、痛みがあることもあり、やっぱり気になってしまうものです。

炎症によるニキビ跡も気になりますし、できる限り1日でも早く治したいものですが、黄ニキビは潰して膿を出してしまっても良いのでしょうか。

このページでは、黄ニキビの治し方を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

黄ニキビはどんなニキビ?

黄ニキビは、毛穴に皮脂や角質が溜まってしまった後、アクネ菌による炎症が進み、膿が毛穴に溜まった状態です。炎症が進むと、元になるアクネ菌に対抗して白血球が増えます。膿はこの白血球や、アクネ菌、雑菌の死骸だと言われています。

アクネ菌の起こした炎症は皮膚にダメージを与えますが、白血球がアクネ菌と戦う際も正常な皮膚細胞までダメージが起こります。つまり、炎症をおこしたまま放置していれば、それだけ皮膚へのダメージが増えていき、結果としてニキビ跡として、赤みや色素沈着、ひどい場合にはクレーターとなってしまうのです。

黄色ニキビでも、膿は逃げ場がないまでに溜まってしまうと痛みが生じますし、ニキビ跡を考慮しなければ、すぐにでも潰して排出してしまったほうが良いのですが、自宅で潰すにはリスクがあります。

黄ニキビは潰しても良い?

黄ニキビは炎症が進んで膿がたまっている状態なので、膿は出してあげたいですが、潰してしまっても良いのでしょうか。

まず、先に言っておくと、自宅で黄ニキビを潰すのはNGです。下手に潰してしまうと、ニキビ跡が残る可能性が高いので自分で潰すにはリスクが高いからです。

炎症がひどくなって膿まで出ている黄ニキビですから、潰して芯を取り出す際の刺激で、さらに炎症が悪化する可能性もあります。また開いた毛穴から雑菌が入りやすくなり、一度は膿が出て見掛け上マシになったように感じても、悪化する恐れがあります。

皮膚科医でも意見が分かれる

皮膚科医でも、「膿は出し気ったほうが治りが早い」という意見と、「膿は出さないほうが良い」という意見とで分かれるほどのことですから、安易に自分で黄ニキビを潰すことは止めておいたほうが良いでしょう。

皮膚科でも意見が分かれる点は、膿が無理なく排出できる状態と、膿を出すことで負担が掛る状態や膿を出し切れない状態の判別が難しいからです。

特に痛みを伴う黄ニキビの場合は、膿が毛穴の奥にあり、潰して押し出すことで真皮にまで損傷が起こる可能性があり、ニキビ跡として残りやすい為、潰さないように気を付けてください。

皮膚科の受診をおすすめします

ただし、黄ニキビは炎症が進み膿を出すまでになったニキビですから、放っておくだけでもニキビ跡が残りやすい状態です。できるならば皮膚科の受診をおすすめします。

皮膚科で黄ニキビを潰してもらった人の中でも、ニキビ跡として残ってしまう場合がありますが、潰したことによる影響なのか、炎症による影響なのかは、人によって違うでしょうから、なんとも言えないところです。

ただ、皮膚科医はプロですから、素人が自分で安易に潰すよりずっと適切な処置ができる可能性が高いことだけは確かでしょう。

上手に黄ニキビを潰して、膿をキレイに出し、かつその後の処置を適切に行えば、治るのも早くなりますが、それができない限り、悪化したり、ニキビ跡の原因になったりと、望んでいない結果になりますので、自分で黄ニキビを潰すのであれば、それなりの覚悟は必要ですし、おすすめできるものではありません。

皮膚科での黄ニキビ治療方法は?

皮膚科での治療では、前述のように黄ニキビの膿を出すことがありますが、皮膚科医によっても違いますので、「潰したほうが良い」と言われた場合も、しっかり話を聞いて納得してから潰してもらうようにすべきでしょう。

基本的に、皮膚科での治療は、炎症を抑え、アクネ菌の繁殖を抑える治療が行われます。

  • 抗生物質(外用・内服)・・・アクネ菌、雑菌の繁殖を抑制する
  • IPL治療・・・毛穴の殺菌(保険適用外)
  • ステロイド注射・・・炎症を抑える

黄ニキビの治療には漢方を使うことも

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)・・・熱を取り除くので炎症の悪化を防ぎ、炎症を鎮める

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)・・・17種類の生薬を混ぜ合わせた漢方薬で皮膚科でもよく処方される。アクネ菌の殺菌作用があり、抗菌作用もあり再発も防ぐ。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)・・・膿を輩出してくれる。ホルモンバランスを整える働きもある。

慢性化した肌疾患や黄ニキビのように重症化して長期の治療が必要な場合は、漢方薬での治療も注目されています。

黄ニキビにも有効な上、体本来の抵抗力を強めてくれる働きも多いので、気になる方は主治医に聞いてみると良いでしょう。

適切なスキンケアで予防を

黄ニキビを治すには、1日も早く皮膚科を受診することをおすすめしますが、黄ニキビまで進行してしまうには理由があります。ここでは、黄ニキビを二度と作らない為に、大切なスキンケアを解説していきます。

肌の状態は人によって、まちまちですので「これが正解」と言い切れるものではなく、ご自身の肌の状態と相談しながら最適なスキンケアを見つける以外にはありませんが、ニキビや肌に悪いスキンケアをしないようにするだけでも、改善、予防につながります。

洗顔回数は2回まで

その中でも、「1日3回も4回も洗顔をしている」というような人は、その洗顔が原因になっている可能性があります。

洗顔はあくまでも「無駄な皮脂や汚れを落とす」ものです。「必要な皮脂」は残って良いですし、何度も洗うことで皮膚にいる常在菌が死滅してしまいます。

肌は本来弱酸性です。皮膚の常在菌は弱酸性の皮膚を好み、外の雑菌の侵入、増殖を防いでくれる大切な役割をしています。この常在菌は洗顔したり、お風呂に入ることで流れ落ちます。

通常は、毛穴などに残った常在菌が24時間程度かけて増殖し元に戻ると言われていますが、年齢を重ねるごとに元に戻るのも遅くなります。

また、ようやく完全に戻ったものを、洗顔することで洗い流しているわけですから、洗顔は1日1回もしなくても良いと言う人までいます。

菌の働きは未だ解明されていない部分も多いので、極端なことをおすすめできませんが、少なくとも1日3回~5回など、洗顔の回数を多くしてしまうことは肌の環境にとってよくありません。

洗顔時の刺激もありますし、正常な皮脂も常在菌も流れ落ちてしまうので、洗顔は朝晩2回まで、手で触れず優しく洗うということを心がけるようにしましょう。

ゴシゴシ洗うのはNG。丁寧に優しく洗う

適切に洗うと言われてもなかなか難しいものですが、洗顔回数の他に一番心掛けて欲しいのは「洗い方」です。

洗顔料に水分を含ませしっかり泡立てた泡を転がすようにして優しく洗うようにしましょう。

ニキビや黒ずみがあると、ついつい必要以上にゴシゴシ洗ってしまいがちですが、肌に傷を付け、バリア機能を低下させたり、ターンオーバーを異常にしてしまう危険があります。

また、赤ニキビや黄ニキビは炎症を起こしているのですから、余計な刺激が加われば、炎症が悪化する可能性があります。

あくまで、余分な皮脂や汚れを洗い流し、清潔に保つための洗顔を心がけてください。

ニキビは皮脂の過剰分泌から起こることが多いため、その元になる皮脂を徹底的に洗ってしまおうとしがちです。

皮脂が多いとテカリも生じますし、肌がベタついたりと、気分の良いものではありませんが、だからと言って洗いすぎないように気を付けましょう。

正しい洗顔については下記のページも参考にしてください。

保湿は重要。手を抜かない保湿ケアを

洗顔後は、保湿が重要です。皮脂が多く分泌されているようでも、皮膚の内部は乾燥している場合があります。

皮脂が出るからしっとりすると思って、保湿ケアを怠ってしまうと、肌内部から乾燥が始まり、乾燥した肌を潤そうと皮脂が過剰分泌してしまうことがあります。

自分で乾燥が原因で皮脂が過剰分泌しているのかどうかを知ることは難しいですが、洗顔後は水分の蒸発とともに肌の水分も気化しますので、必ず保湿をするように心がけましょう。

保湿については下記のページも参考にしてください。

生活習慣も見直していきましょう

黄ニキビができてしまうということは、生活習慣や生活習慣の見直しも必要です。元からの体質でニキビができやすい人もいますが、生活習慣や食生活が乱れている場合、改善することでニキビができにくくなる事も多いです。

生活習慣の改善には、規則正しい生活と、質の高い睡眠が重要です。精神的なストレスはもちろん、エアコンによる冷えなどの対策も心がけましょう。

ファーストフードや揚げ物などの脂っこい食事や、スナック菓子、チョコレートなどの糖分の摂りすぎの他に、炭水化物の食べ過ぎによる糖質の摂りすぎも、皮脂の増加を招くため、ニキビ肌には良くありません。

また、寝る前の食事は胃腸に負担を掛けますし、肌にとって大切なビタミンB群を消費してしまいます。熟睡の妨げにもなるため、就寝3時間前からは食べ物は控えましょう。

また、カフェインの摂取も体質によっては6時間影響があると言われています。睡眠の質が高くないと感じているのであれば、夕方以降のカフェインは控えるようにしておきたいところです。

このように、睡眠の質やストレスをためないようにする生活習慣の改善は、食生活とも密接に関係しています。

つまり、生活習慣の改善と食生活の改善はセットです。どちらを行えば良いというものではなく、できることから少しずつでも改善していくようにしていきましょう。

睡眠やストレスの対策、ニキビ良い食べ物・悪い食べ物については、下記のページも参考にしてください。

まとめ

つる美さん
つる美さん

黄ニキビは、目立つし痛いので1日でも早く治したいなら皮膚科に行きましょう。同時に、スキンケアや生活習慣、食習慣の見直しもしていくようにして、二度とできないように頑張りましょう。

あーちゃん
あーちゃん

あーちゃんは、黄ニキビはできたことないけど、ニキビは全部嫌いだから睡眠や食べ物にも気を遣うようにしてるよ!

つる美さん
つる美さん

ニキビに良いことは、肌に良いことだから、ずっとツルツルぷるぷるのキレイな肌でいられるように頑張ろうね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする